脳内環境が悪いと稼ぐのは不可能?雑念を払い稼ぐ方法

難波です^^

 

僕のところには毎日メールでご相談が届きますが
意外と多いのが、ビジネス外の悩み事の相談です。

 

男性だったら脱サラ関係、
女性も仕事系が多いですが中には離婚とか
シングルマザーの方も多いですね。

 

その中で今回、恐らく多くの方が

「それ、ある!」

と感じるであろうご相談がありました。

 

それが、パソコンを前にして
いざビジネスをしようとしたら

ビジネス以外の事を考えてしまって
時間だけが過ぎてしまう・・

というもの。

 

具体的に「これ!」というわけではなく、
ただ何となく色々考え事していたら時間ばかりが
過ぎていってしまう・・・というお悩みです。

 

俗に言う、雑念ですね。

 

この辺について今日は書いていきたいと思います^^

 

ビジネスで成功するには環境、とりわけ脳内環境が大事

039

こちらの記事で書いたように、
いくらビジネスで成功する為に決意とかしても
環境が悪いと中々結果に繋がりにくいです。

 

例えば、早く寝ると決意しても
そもそも布団がない環境だったら
寝る事は厳しくなります。

 

同様にビジネスで成功すると決意しても
今の自分が置かれた環境が良くないと
中々結果が出にくい、という事です。

 

つまり、決意なんかよりも
環境の方が遥かにビジネスの成果に
影響を及ぼしてしまうというわけです。

 

環境は多種多様ありますが、
人間関係とか家族関係、独身か既婚かとか
介護問題があるかないかとかパソコン環境とか
まぁ色々あります。

 

全部ひっくるめてビジネスの結果に繋がります。

 

だからこそ、人間関係の整備も大事だし
身近な人にビジネスを理解してもらう事とか
パソコン環境を整える事とか、トータルで
環境を整えることが本当に大事になってくる、という事です。

 

で、この環境の中でも特に意識してもらいたいのが
今回のご相談にも関わってくる脳内環境です。

 

時間の質はほぼ脳内環境で決まるからです。

 

例えば、同じ1時間でも
猛烈にパソコンの前で集中した1時間なのか

それとも、パソコンの前で何となく
脳内が別のところに飛んでいっているのかでは
同じ1時間でも意味合いが全く違うという事です。

 

目の前の事へどれだけ集中できているかは
はっきり言って人によって天地ほどの差があるはずです。

 

僕のところに寄せられる最も多い質問の一つが

「1日何時間で結果が出るか」

的な質問ですが正直言って、
時間の長さより質が大事だったりします。

 

参考:ネットビジネス、1日何時間で結果が出るのか?

 

で、この時間の質を著しく下げるのが
脳内の雑念だったりするわけです。

 

雑念が生じて脳内環境が悪くなる原因とは?

031

この脳内の雑念は基本的に悩み事とかストレスとかもそうですし
後は外部からの刺激とか色々なところから生まれてくるものです。

 

で、ちょっと馬鹿にならないのが、

「今この瞬間に起きている出来事」

によって脳が動いているのではなく

「過去に起きていた記憶」

を脳で思い出しているようなパターンです。

 

例えば、過去の怒りを感じた出来事を思い出して
イライラしたりだとか、昨日の夫婦喧嘩を
引きずって哀しくなったりとかです。

 

或いは、他人が自分の事をどう思っているのかとか
そういう妄想だとか、人の目が気になるとか
そういうものも雑念です。

 

目を瞑ってあれこれ想像すると
基本、色々な雑念が浮かび上がってくるのは自然です。

 

人の脳は基本雑念だらけですからね^^;

 

ただ、脳はいったん動き始めると
エスカレートして動き続けて雑念が支配して
目の前の瞬間を忘れさせるわけです。

 

で、良い雑念ばかりだったら良いんですが
そういうわけでもなく、嫌な事のほうが多かったりします。

 

例えば、ご飯を食べているのに
明日の打ち合わせの事で頭が一杯で
ご飯の味なんてろくに分からない、というのは
雑念が目の前の幸福を奪っているともいえる状態なわけです。

(社畜時代の僕の実体験です^^;)

 

同様に、仕事効率なんかも嫌な雑念があれば
確実に落ちるし、パフォーマンスにも超影響するという事。

 

パソコンを前にして脳がどこかへ飛んでいくというのは
こういう雑念が生まれているという事なわけです。

 

だから、雑念が生じた時には

「雑念が生じている」

と自己認知して目の前に引き戻すことが
まずとても大事になってくるわけです。

 

少なくともネットビジネスは
個人ビジネスで、全て自己管理です。

 

サボったからと言って
会社のように上司に叱られることもないし、
やるやらないも全部自由、かつ
やらない理由や言い訳も作り放題な環境で
それに甘えて脳が怠ける事は非常に多いんですね。

 

当然、脳はどこかへ飛んでいきやすい環境で
一回どこかへいくと戻ってくるのは至難の業です。

 

ず~っと失敗したことを考えてクヨクヨしたり、
嫌いな人の事を思い出してイライラしたり、
ついSNSを見て、他人と比較したり、自分が
どう思われているか気にしてしまったり・・・

 

こういうのは本当に程度の差こそあれ
誰もが多少は経験する事じゃないかと思います。

(もちろん、僕も例外なくあります)

 

それで、とてつもなく効率が悪い時間を使い
全くビジネスがはかどらずに1日、2日と
時間が過ぎていくのが意外と多いパターンですw

 

この辺はこのように書くと当たり前の事なんですが、
でも実際、自己認識できていない事が本当に多いんですね。

 

だから、

「今、雑念が生じている」

と自己認識するだけでも
ハッと我に返り全然時間効率が違ってくるはずです。

 

雑念を消して脳内環境を整える方法

2

僕自身は脳を整理する為には本を読むことが多いです。

 

基本、ネットを見続けると情報が膨大で大量に
あれこれ入ってくるので雑念は増えます(苦笑)

 

なので、雑念を払うにはオフラインの環境が望ましいと思います。

 

僕自身はお風呂で読書なんかはリラックスタイムで
かつ脳を整理する時間だったりします。

 

で、最近読んだ、こちらの本はかなり良いです。

 


反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」

 

色々な本を読んできましたが感銘を受けた一冊です。

 

上記、Amazonのレビューにどんな本なのか大体書いています。

 

基本、雑念というのは現在の出来事や
過去の記憶、妄想などに対して
「脳が勝手に反応する」事で生まれてきます。

 

ちょっと1日の脳内の動きを振り返えれば分かりますが
必ず過去の事とか未来の事とか、或いは現実ではない
空想とか妄想で脳が埋め尽くされているはずです。

 

あと多いのは批評だったり、
何かを判断していたり、白黒をつけようとしていたり。

 

目の前のありのままの現実を
「現実のままニュートラルに受け取る」事をせずに
頭で考えて時間を消費している、という事です。

 

そして、それが意味がある事かというと
たいして人生に意味がないのにやっている事も
普通に多いわけです。

 

僕なんかはついつい、サッカーの事を考えて

「自分が応援しているチームが弱いのは
どうしてなんだろうか?」

みたいな事を考えて、頭の中でその理由を
こねくり回している事が多々あります。

(多分、スポーツファンだったら結構あると思いますがw)

 

当然ですが、人生に直接意味もないし、
結果は一つで僕が何を考えたところで事実は一つです。

 

でも、こういう雑念がいくつも脳を覆っていたら
ビジネスどころではなくなってしまうわけですね。

 

また、妄想についても
良い妄想であればワクワクできて良いんですが
マイナスの妄想でくよくよしたりだとか
そうなる事も非常に多いんですよね。
それが膨大な時間を失う原因になっているわけです。

 

悩みの内容こそ人によって差はあれど
こういうものは全て雑念に繋がってくるという事です。

 

で、上記に紹介した本は
この辺の仕組みと対応策が書かれています。

 

ブッダとか以前は宗教じみていて嫌いだったんですが、
この本はかなり合理的なので使えると思いますw

 

まぁ、興味あれば取り入れてみて下さい^^

 

パソコンを前にしていざビジネス活動!と思ったのに気づいたら
脳が別のところに飛んで行ってしまっているとか、そういう場合は
雑念があると思われるので読んで損はないはずです。

(今の僕でも普通にこれはありますが^^;)

 

という事で、参考になれば幸いです。

 

では、難波でした^^

 

PS.

初心者にお勧めのノウハウ一覧はこちらです

難波がお勧めする情報商材早見一覧表

 

質問なども気軽にしてくださいね^^

難波へのお問い合わせはこちら

 

150ページ以上のマニュアルPDFをプレゼント中

↓↓

tokutensita

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人自己紹介

難波のメルマガ登録はこちら

9

現在、ネットだけで生計を立てています。

難波の詳細なプロフィールはこちらの記事も是非読んでみてください。
↓↓
難波の脱社畜ストーリーはこちら

ネットビジネスで悩んでいる人の相談を受け付けています。

記事内容やその他気になる点について気軽にご相談してください。

難波への相談はこちら

ネットビジネス読み物

syosin.jpg



knowhoucolletcer.png

nanjikan.jpg

netkankyo1.png

watasiniadekinai2.jpg

sakusyu.jpg

kanekakezu.jpg

sippai.jpg

mlmaff.png

kaodasi.jpg

erumesu.jpg

このページの先頭へ