難波です^^

 

新幹線に乗りながら記事を更新しています。

 

いや~しばらく実家にいると
やっぱり東京が恋しくなりますねw

 

さて、今年はビックニュースが続いていますが
とりわけ話題になったのが清原の覚醒剤問題ですね。

 

これから芋づる式に芸能人が逮捕されるのでは?

という予測なんかも出ています。

 

覚醒剤については僕はもちろんやった事はないし
どんなものなのかは知りません。

 

ただ、ビジネス的な視点で覚醒剤をみた時に

「これから先もなくなる事はないんだろうな」

という事は明らかに分かるし、
今後も同様のニュースは増えていくと僕は予想しています。

 

また、ネットビジネスと全く関係がないように見える
覚醒剤問題ですが、大きな視点で見ると
僕は結構共通点もあるように感じています。

 

という事で今日は覚醒剤とネットビジネスの共通点について
書いていきたいと思います。

 

覚醒剤が世の中から消えない構図とネットビジネス

223

まず、覚醒剤をはじめとした麻薬は
人間にとって害しかないものです。

 

それなのにこの世の中から消えないのには
理由があるわけです。

 

そう、それは

「大金が動くから」

ですね。

 

覚醒剤は依存度が究極に高く一度手を出すと一生涯

「覚醒剤を求め続ける体質になってしまう」

わけです。

 

という事は、覚醒剤を売る側からしたら
最初は無料でも何でも相手に渡して
依存させてしまえば一生涯売り続けることが出来るわけです。

 

相手が金持ちだったら大金を吹っ掛ければ売れるし
貧乏人でも「買えない事はないくらいの値段」で売れば
全財産を投げ打ってでも欲しがります。

 

清原も全財産を失ったとかニュースになっていますが
それくらい、お金が流れていくという事です。

 

マフィア映画などを見ると必ず麻薬で大金を稼ぐっていう
シーンが出てきますが麻薬が儲かるのには
こういう背景があるわけです。

 

世界には国レベルで麻薬の元締めになっている国があったり、
CIAとかも裏側では麻薬ビジネスに関わっているという話もありますが

「とんでもないお金を生み出す裏ビジネス」

になっている、という事です。

 

だからこそ、アメリカの一部の州で
マリファナなどが合法になって税収に充てているわけですね。

(本音レベルでは国もお金を取りたいという事です)

 

そして、その背景にあるのが

「依存」

というキーワードです。

 

人は何かに依存するとその依存対象に
全てを捧げてしまうようになるという事が多々あります。

 

自分自身が依存しているつもりがなくても
知らず知らずのうちに依存してお金を使ってしまう。

そういう事が多々あるわけなんですね。

 

つまり、「依存状態を作り出す」事が出来れば
お金を吸い上げることが出来るという事です。

 

麻薬は違法ですが、合法でも
「依存」を利用して大金が生まれる産業はたくさんあります。

 

それが、

「タバコ」であったり「ギャンブル」、
或いは「宗教」や「アダルト」

なわけです。

 

タバコが健康に悪いにも関わらず
世の中からなくならないのも

「依存 = 儲かる」

という図式があるからです。

 

元締めが儲かるのはもちろん、
国も税金をかければ儲かります。

 

タバコ税なども今後さらに増税されるでしょうが
それでもタバコに依存している人であれば
お金を支払うのは間違いないでしょう。

 

また、ギャンブルも

「稼げる可能性が低い」

と思っていてもやめられないわけです。

 

例えば、パチンコなんかは
巨大産業になっています。

 

たとえ貧乏でもパチンコがやめられなくて
借金を抱えてしまうとかそういうケースは多々あります。

 

逆に言うと、その依存状態の顧客を持つ
パチンコ屋は相当儲かるわけなんですね。

 

これも「依存」を利用したビジネスで
元締めが儲かるという仕掛けになっている、という事です。

 

或いは、つい最近タレント女医が逮捕されていましたが、
彼女はホストクラブ依存でホストクラブに払うお金を作るために
事件を起こしたとかも言われています。

 

ここまで踏まえて、「依存」というキーワードで
ネットビジネスを見ていくと

「依存させる事」を狙ったネットビジネスも非常に多い

という事が分かります。

 

「あなたがやる事はワンクリックだけ」

「何もしなくても大金が転がり込んでくる」

「私のビジネスに参加したら億万長者確定」

 

こんな謳い文句のオンパレード。

 

その狙いは「依存させること」にあるわけです。

 

何故なら、依存状態にさえなってくれたら
大金を落とすからです。

 

ネットビジネスと言っても

「ビジネス」という感覚で全うに活動していればOKですが

中には

「ギャンブル」という感覚で取り組む人も一定数います。

 

そういう人の発想は

「当たれば大金が転がり込んでくる」

という発想を持っているわけです。

 

このような考え方を持つとギャンブル依存と何らかわりません。

 

よって、仕掛け人の思うつぼで
お金がドンドンなくなっていってしまう・・・

というわけです。

 

実際、僕が参加したセミナーでもそういう話も聞いていますしね^^;

 

参考:難波が参加したセミナーで語られた「情報弱者から搾取せよ」の驚きの実態とは?

 

もちろん、良心的にビジネス活動をしている人も
多くいるのですが、このような「依存」を利用する人も
一定数存在する、という事です。

 

だからこそ、

「他者依存をせずに自分の力で稼ぐ」

という事が大事になってくるわけですね。

 

ネットビジネスで過度に「他者依存」するのは危険

074

ここまで見てきたように

「依存を利用したビジネス」

が世の中に多く、その為に

「誰かに稼がせてもらう」

という依存マインドが
非常に危ない考え方だという事が分かります。

 

この状態だと稼ぐのは厳しいですし
下手するとお金を失ってばかりになります。

 

で、確実に言える事としてはこれから先も

「依存を利用したビジネス」

はなくならないという事です。

 

何故なら、依存ビジネスこそ
最も儲かるからです。

 

一見すると良心的な人であったり
本当に親切そうに見える人が
実は依存を仕向けているかもしれません。

 

そういう手口はより巧妙になっていくのは確実だし
より騙されやすくなるというのも確実なわけです。

 

もちろん、高額塾だとかそういうものの全部が悪いというわけではないし、

「楽に稼げる事」

を打ち出せばより売れるのも事実でその背景の中で

「過度な広告が多くなっている」

というのが実情です。

 

で、過度な広告が増えている背景には

「楽して稼ぎたいという需要が存在する」

から供給も生まれるという事になるわけです。

 

要は、依存を仕掛けている人だけの問題ではなく、
「楽して稼ごう」という人が世の中に多いから
その人に向けた広告も作り出されるという事。

 

この構図はこれから先も間違いなく続くはずです。

 

 

だからこそ、他人に過度に依存せずに
自力で稼いでいく力をつける事を
常に意識して下さいね。

 

という事で参考になれば幸いです。

 

難波でした^^

 

PS1

ここでは、

「依存はよくないよ」

と書きましたが、実際問題として、

「100%誰にも依存しない」

というのは難しいのもまた事実です。

 

僕自身も100%自分の力できたかというと
決してそういうわけではありません。

 

大事なのは、

「100%、自分のビジネスを他人に委ねない」

というスタンスだと思います。

 

何にせよ、どこかで誰かに助けられて
前に進んでいくのも事実で行き過ぎたものでなければ
それは依存ではないと僕は思います。

 

常に主導権は自分自身に持ちながら
時に他人の力も借りながら、依存せずに
自分の力をつけていく、というのが賢いと思います^^

 

PS2

ちなみに、世界では今麻薬ビジネスが裏側では
とんでもないほど大金を動かしています。

 

もしかしたらご存知の人がいるかもしれないですが
メキシコは麻薬の温床になっています。

 

その背景にあるのはアメリカの麻薬需要です。

 

「何故、アメリカに麻薬需要があるのか?」

 

それはアメリカは医療費がとんでもなく高いからです。

 

盲腸の手術に100万円かかるのがアメリカです。

 

その中で多少痛みがあっても
気軽に病院に行けない貧困層が多いわけですね。

 

それを解決するのが麻薬だったりするわけです。

 

モルヒネが痛み止めになるのは有名ですが
同様にして麻薬を痛み止めに使う需要があるわけです。

 

そして、最初は安価でそれを売ってしまえば
貧困層は依存状態になります。

 

すると、全財産をなげうってでも犯罪をしてでも
麻薬を欲しがるようになるというわけです。

 

で、そのお金がメキシコのマフィアに
流れている、という事になるというわけです。

 

しかし、メキシコのマフィアが預ける銀行は
実はシティバンクや英HSBCになっていて
マフィアが儲かれば儲かるほど
欧米の多国籍企業も同時に儲かる仕組みになっています。

 

つまり、「汚いビジネス」をメキシコにやらせ、
「美味しいところ」を多国籍企業が持っていく、
という世界的な仕組みが存在するという事です。

 

また、メキシコのマフィアのボスがため込んだお金を
引き出そうとすると、秘密裏にボスが暗殺され
お金が行き先不明になる・・・なんて事もあるわけです。

 

それがどこに流れているかは不明ですが
アメリカなどの国に流れている可能性もあるという事です。

 

ネットビジネスでも表に出てくる
大金を稼いでいる風に見える人がいますが
実は裏側には黒幕がいたりしてどこかに
お金が流れるという構図があるわけです。

 

この辺は「世の中の裏側」をどこまで観察するかですが、
基本的に「表に見えている世界」は100%信用できない、
という事は抑えておくといいかもしれません^^

 

という事で余談ですが、参考になれば幸いです。

 

PS3.

初心者にお勧めのノウハウ一覧はこちらです

難波がお勧めする情報商材早見一覧表

 

質問なども気軽にしてくださいね^^

難波へのお問い合わせはこちら

 

150ページ以上のマニュアルPDFをプレゼント中

↓↓

tokutensita