ぼろ儲けしている身近な職業の友人から学ぶ「仕掛ける側」に回る方法

難波です^^

 

東京に戻ってきて今日はちょっと
阪急メンズ館で買い物してきました。

 

久しぶりに行くと欲しいものが
大量に出てきて色々買ってしまいました。

 

服とかを見ていると本当に

「値段って意味が分からないな」

って感じますね。

 

僕自身はブランド名なんかよりも
むしろその服が醸し出す世界観とかで
何を買うか決めます。

 

よって、とにかく色々見て
試着をしまくるスタイルです。

 

気に入ったものありきで
ブランドや値段はその後。

 

むしろ、ブランドが前面に出ているものは
クールさを感じないですね。

 

で、じゃあ自分が良いと思うものが
高いかというとそういう訳でもなかったり

逆に「これはダサいな」というのが
物凄く高かったり・・・

 

意味不明ですねw

 

まさに

「高いものが良いとは限らない」

という事で情報業界と一緒だな~と思います^^;

 

参考:高いものが良いものとは限らない事について書いた記事

 

さて・・・今日はリアルビジネスで

「ぼろ儲けしている友人」

のお話をしたいと思います(A君とします)。

 

彼は学生時代からあるリアルビジネスで
かなり稼いでいて、しかもかなり身近な仕事です。

 

その身近な職業。

 

それが何かというと、

「先生」

です。

 

とは言っても「雇われ先生」ではありません。

 

家庭教師に近い形でフリーランスでやっている
受験勉強の先生をやってぼろ儲けしているのです。

 

リアルビジネスで友人が先生で稼いでいる理由

「先生ってそんなに稼げるの?」

もしかしたらこのように感じるかもしれませんね。

 

A君は、そこそこ学歴があり、英語が得意なのもあって
英語をメインにマンツーマンもしくは少人数で教える塾をしているのです。

 

そして、A君は1人につき1時間5,000円を貰っており
1日にして6時間くらい指導しているとの事です。

(お客さんによっては値段ももっと高かったりするらしいですが
細かなところは僕も聞いてないです^^;)

 

で、月に20日前後働いているのです。

 

労働時間は短く休みもサラリーマンより多いですが
月収にして60万円近く稼いでいます。

 

「ぼろ儲け」と聞いて60万円くらいだったら
もしかしたらガッカリされたかもしれません。

 

でも1日6時間くらいで月に10日休みがあって
これだけ稼げるんだったら会社員より遥かに良いと思いませんか?

 

実際に「受験の予備校」って意味不明に値段が高いです。

 

そんな中でマンツーマンで5,000円なら支払う側からしても
決して高すぎる金額ではありません。

 

だからこそ需要があるわけですね。

 

そして、先生というのは何も受験勉強に限った
話ではありません。

 

別のジャンルの「先生」の仕事で
働いている人は世の中にたくさんいます。

 

その辺のおばちゃんが料理教室の先生で
大金を稼いでいるケースは多々ありますし、
ギャルでもネイルの先生で稼いでいたりします。

 

何にせよ、習い事の先生は
フリーでやってお客がつけば稼げるのです。

 

そう、

「人に何かを教える仕事」

というのは凄く儲かるという事ですね。

 

とはいえ、

「人に何かを教えるって難しいんだけど?」

と思われるかもしれません。

 

でも、実際に、先生になる為に
レベルが高くなければならない必要は全くありません。

 

例えば、高齢者向けのパソコンスクールなんて

「パソコンの起動の仕方」

を教えて5000円とかそんな値段の
料金を感謝されながら受け取れたりします。

 

また、子供向のスイミングスクールだと
バタ足を教えればそれで高額な月謝が頂けるわけです。

 

つまり、自分がそんなにレベルが高くなくても
自分より更にレベルが低い初心者がたくさんいるので
どんなレベルでも先生になれてしまう・・・というわけです。

 

さて、ここまで読んで
ピンときた方は鋭いです。

 

リアルの世界で

「フリーランスの先生が稼げる」

という事は?

 

そう、ネットの世界でも
フリーランスの先生になれば稼げるという事です。

 

つまり、

「稼ぐ方法を教える先生」

になるのが最も稼げるという事なんですね。

 

ネットのビジネスで大金を稼ぐには「先生になる事」が大事

ネットビジネスではよく
仕掛ける側と仕掛けられる側という言葉が使われます。

 

仕掛ける側 = 稼ぐ方法を教える先生

仕掛けられる側 = 稼ぐ方法を教わる生徒

こういうイメージです。

 

そして、生徒から先生へお金が流れている、
という構図になっているわけです。

 

インターネットの世界にはやたら「儲け話」が出ています。

 

何故あんなに「儲け話」が出ているか
その理由がお分かり頂けたかと思います。

 

「稼ぐ方法を教える」

事で、稼ごうとする人がたくさん存在するからなんですね。

 

で、ここがポイントなんですが、実際問題として
「先生になる」と言ってもリアルの世界だと生徒を見つけるのは大変です。

 

身近な人脈から生徒が見つかるとも限らないし
下手すると競争が発生します。

 

僕の友人のA君は運良く生徒が見つかる環境だったから
リアルビジネスで稼ぐ事が出来ただけで、
現実的にリアルの世界で先生は大変なんですね。

 

しかし、ネットの世界だとどうでしょう?

 

家の近所で生徒を探す必要は全くありません。

 

生徒はインターネット上に無限に存在します。

 

やり方によっては同時に何百人、何千人にも
情報発信をすることが出来るのです。

 

だから、ネットビジネスで先生になると
リアルとは比べ物にならないくらいに大きく稼げる、
という事になるんですね。

 

また、既にお伝えしたように先生になるのに
大きな実績が必要なわけではありません。

 

たとえ、

「月に3万円の実績」

であってもネット上には1円も稼げたことがない
全くの初心者の人数が遥かに多いです。

 

実際、ネットの世界で、あるノウハウで
1万円しか稼げなかった人が

「ネットで1万円を稼ぐ方法」

を教える事で10万円以上稼いでいたりとか
よくある話です。

 

参考:ノウハウコレクターから脱却した友人が取った行動とは?

 

この点を踏まえても、

「自分自身でノウハウを実践する」

よりも

「誰かにノウハウを伝える」

という事が早くリタイアする上では大事な事になります。

 

ちなみに、「先生」になると言っても
コンサルをしないといけないとか話術が必要とか
そういうスキルはいらないです。

 

あくまでも、ネットで顔出しなしで声も出さず
ブログなどだけで取り組む事が出来ます。

 

この辺がネットビジネスの一番面白いところだと思いますね。

 

まぁ、最初は実績作りが大事ですが、

 

リタイアするならこのゴールは常に意識して下さい。

 

参考:ネットビジネスで稼ぐ金額を跳ね上げる方法

 

という事で参考になれば幸いです^^

 

では、難波でした^^

 

PS.

初心者にお勧めのノウハウ一覧はこちらです

難波がお勧めする情報商材早見一覧表

 

質問なども気軽にしてくださいね^^

難波へのお問い合わせはこちら

 

150ページ以上のマニュアルPDFをプレゼント中

↓↓

tokutensita

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人自己紹介

難波のメルマガ登録はこちら

9

現在、ネットだけで生計を立てています。

難波の詳細なプロフィールはこちらの記事も是非読んでみてください。
↓↓
難波の脱社畜ストーリーはこちら

ネットビジネスで悩んでいる人の相談を受け付けています。

記事内容やその他気になる点について気軽にご相談してください。

難波への相談はこちら

ネットビジネス読み物

syosin.jpg



knowhoucolletcer.png

nanjikan.jpg

netkankyo1.png

watasiniadekinai2.jpg

sakusyu.jpg

kanekakezu.jpg

sippai.jpg

mlmaff.png

kaodasi.jpg

erumesu.jpg

このページの先頭へ