難波です^^

ちょっと面白い相談があったので
紹介したいと思います。

 

それが、

「ネットビジネスでまだ稼いでいないけど
ちょっと稼げるようになったらコンサルで稼ぎたいです」

というもの。

 

確かにネットビジネスの世界では
個人でコンサルをやって稼いでいる人は本当多いです。

 

たいして実績無くても10万円以上とかでも普通に売れるので
結構コンサルに走る人は少なくありません。

 

また、僕はこのサイトでは

「大きく稼ぐには仕掛ける側になる事が大事」

という風にお伝えしている通り
コンサルも一つの方向性として良い選択です。

 

参考:脱社畜や自由を手にするなら「仕掛ける側」へ回るべし

 

ただ、コンサルビジネスは実はデメリットもあります。

 

僕がよく感じるのは
コンサルをやる側(先生側)にもコンサルを受ける側(生徒側)にも
双方に「コンサル幻想」みたいなのがあるように思うんですが
ちょっと今日はその辺書いてみたいと思います。

 

僕宛にもたま~に

「個別のコンサルとかないんですか」

というお問い合わせがありますが、
今僕がコンサルをやっていない理由も書いておきます。

 

ネットビジネスのコンサルとはそもそも何なのか?

nayami20m

まず、コンサルって響きはかっこいいですけど
やる事って単純に

「マンツーマンでビジネスを教える事」

です。

 

コンサルっていう響きに惑わされるけど
何か特別な事をやるわけじゃなく極端な話、
家庭教師でマンツーマンで勉強を教えるのと一緒なわけです。

 

ここで考えてほしいんですが、たとえ東大生が
マンツーマンで勉強を教えたとして教え子が

「東大に合格できるか」

というと、そうとは限らないわけです。

 

何となくダラダラ1時間だけ話をしていたってレベルだと
家庭教師なんかしたところで何の変化もないのが実情です。

 

それで1万円とかそういうお金が東大受験の親から
家庭教師に支払われているのが現状なわけです。

 

実はビジネスの世界でもこれとほぼ構図は一緒です。

 

稼いでいる人が稼ぎたい人に対して
マンツーマンでビジネスを教えるというだけの
単純な仕組みなんですね。

 

それで

「稼げるようになるか」

というとそうとは限らない。

 

もちろん、教える側の熱意とかエネルギーは必須ですが
それだけじゃなく教わる側にもエネルギーと熱意が必要です。

 

つまり、コンサルを成功させる条件は
教える側がパワーをかけるのは当然ですが、
教わる側にもパワーをかけてもらうのも要求しないとダメです。

 

コンサルというのは教える側も教わる側も双方に
エネルギーが必要で両者がそれを認識してはじめて
結果に繋がるタイプのビジネスです。

 

一方で、実際には「教える側」と「教わる側」双方の
思惑が重なる事で上手くいかないのです。

 

ネットビジネスのコンサルで「教える側」と「教わる側」の思惑とは

056

まず、「教える側」の思惑ですが、
そもそも、コンサルをやる側も稼ぎたくてやるわけです。

 

ですので、何人にコンサルしたら
いくらくらいになるかを計算して、

「これくらい稼ぎたいから●人取ろう!」

という風にセールスをかけるわけです。

 

するとどうなるかというと、
コンサル人数がキャパより多くなりやすいわけです。

 

本来は、コンサルで結果を出すには
1人でも相当なパワーが必要なのに
キャパ以上の人数を取ってしまうリスクがあるって事ですね。

 

言うまでもなく、コンサルというのは
ネット上で自動で売れて不労所得になるというものではなく
単純な話、「労働」になるわけです。

 

で、売る時は気付かないけど
売ってから数か月とか結構な時間、労働が発生します。

 

すると、コンサル件数が増える事で
労働量が増えて重労働になりサポートが薄くなっていく。

 

これが非常に多いパターンです。

 

まぁ、経験すれば分かりますが
毎日のように夜にSkypeなり電話なりで
サポートが入り、かつ細かく教えていくのは本当に大変なんですよ。

 

だからこそ、教える側は利益以外の
目的も何かしら持っていないとコンサルは
成り立たないし割りには合わないと僕は考えています。

 

まぁ、色々ありますが例えば
「仲間づくり」とか「コミュニティ」とか
そういうのは結構多いですね。

 

家庭教師をやるのだって
生徒に教える事ももちろんだけど
生徒とのコミュニケーション自体が楽しいと
自分もエネルギーが入るってのと同じ原理です。

 

あと、もう一つ挙げられるデメリットが

「私のコンサルを受けると簡単に成功できますよ!」

とか

「私のコンサルを受ければ後は成功したも同然です!」

という甘いセールスになりやすい。

 

これも、

「コンサルをより多く売って稼ぎたい」

と思うがために陥りやすい現象です。

 

しかし、これって

「僕から家庭教師を受けると自動で東大に受かりますよ」

と言っているのと一緒です。

 

もし、東大に合格させたいなら

「自分の力で東大に合格しよう」

と言う風に自立を促すべきなのが、売りたいがために
依存させるような事を言ってしまう結果になるんですね。

 

その結果、コンサルを受ける側の意識低下に
繋がってしまう・・・というわけです。

 

で、実はこれはコンサルを受ける側の思惑と繋がっていて、
それを助長してしまうのです。

 

その思惑というのが、

「コンサルを受ければ手とり足とり
優しく教えてくれて成功できるに違いない」

という想いですね。

 

まぁ、コンサルを受ける側からすると
高額を支払うからこそ、丁寧なサポートを求めるのも
当然だとは思います。

 

ただ、

「コンサルを受ければ結果を出させてもらえる」

という考えだと
実際、コンサルは上手くいかないんですよね。

 

ネットビジネスというのは「ビジネス」である以上、
自分でやるのが大前提だし、その為には
「自分で考えて自分で行動する」という事が出来ないと
到底稼ぐ事なんて出来ません。

 

自営で自分でビジネスをやっているのに

「どうやったらいいか分からない」

なんて言っていると前に進めないわけです。
「何をやればいいか分からなくてもとりあえず前に進む」

という事が本当に大事なんですよね。

 

しかし、安易に

「常に相談に乗ってくれる優しい人がいる」

という風になるとこの部分で成長が
むしろ遅くなってしまうケースもあります。

 

だからこそ、コンサルをする側が
コンサルを成功させる為には安易に
甘い売り文句で売るのではなく、

「自分の力で結果を出す事」

に重点を置いて適度なサポートをしないと
結果には繋がらないという事になるわけです。

 

もし、結果に繋がらない場合、下手すると

「あの人のコンサルは役に立たなかった」

という風になりますし、最悪
ネット上などで悪評にもなりかねません。

 

結果、コンサルをしたが為に、
売上が低下していってしまうなんてケースもあるわけです。

 

まぁ、過度にコンサルの売り込みをして
ダメになっていった人は腐るほどいます。

 

コンサルで時間が奪われた結果、
肝心のアフィリエイトの売上がまず落ちます。

 

でも、アフィリエイトは単価が低くて
コンサルは単価が高いからコンサルに力を入れちゃうんですね。

 

その結果、アフィリエイトの収入が落ちている分を
コンサルでの収入で賄うようになるわけです。

 

最初は良いんですがアフィリエイト自体で稼げていないので
力が落ちていきますし、時間と共に焦りも出てきます。

 

で色々焦ったりして、その焦りがコンサル生なんかにも伝わったりして
コンサルの方も上手くいかなくなりダメになる。

 

まぁ、コンサルで一過的に売上が上がってもこういう感じで
ダメになっていくパターンは多いです。

 

基本、焦りとか出てくると途端にダメになりますからね。

 

でも、その始まりにあるのが売る側のコンサル幻想であったり
安易なコンサルの売り込みだったりするわけです。

 

だからこそ、コンサルをするなら自分の意識ももちろん大事だし
コンサルを受ける人の意識まで含めて
トータルで戦略を立てていかないといけないって事です。

 

この辺がまぁ実際には大変なところなんですけどね^^;

 

ネットビジネスのコンサルで双方が意識すべき事とは?

223

どこかの格言で

「魚を与えるのではなく魚の釣り方を教えよ」

というものがあります。

 

これは、

貧しい人がいるからといって
魚を与えても何の解決にもならないよ。

その貧しい人に魚の釣り方を教えて
自立してもらわないと意味がないよ。

という意味合いの格言です。

 

これはコンサルにもそのまま当てはまります。

 

魚 = 収入

釣り方 = 思考

と考えるとしっくりくると思います。

 

二人三脚で一時的に収入が上がるだけだと意味がなくて
自分ひとりで稼げるようにならないと意味がないって事です。

 

多くの人は釣り方じゃなくて魚を求めるわけですが、
一過的な成果なんて意味がないって事です。

 

基本、コンサルを行うに当たっても、
このスタンスが大事になってくると僕は思います。

 

そしてその為にはコンサルの売り込みや安売りだと
厳しいし、きちんと結果を出してもらうには
自分も相手もエネルギーが必要だという事です。

 

まぁ、ネットビジネスの業界って
売る側にしろ買う側にしろ

「楽な方向」

に流れやすいのが実際のところです。

 

で、コンサルというのは売る側から見ても
自分の労働力を切り売りすれば売れるし
実際売るのは楽なんですよね。

(売ってから後は大変ですが)

 

買う側から見ても、

「成功させてくれる」

という淡い期待があるわけです。

 

これらの思惑が重なって上手くいかないコンサルが
山ほどあるのがこの業界の現状です。

 

まぁ、最初は稼げる事が多いんですが、
コンサルを売る場合は長い目で考えたほうが確実に得策ですね。

 

で、僕もたまにコンサルの依頼を受けますが
今現在は全てお断りしています。

 

まぁ、もしかしたらそのうちやるかもしれないですが
やるならコンサルをやる側も受ける側も
本気じゃないと全く意味がないし、
その為にはやる側としても覚悟がいります。

 

だから、いつでもどのタイミングでもって事じゃなく
やるべきタイミングだけやるって感じですね^^

 

ちなみに以前はコンサルもやってる時期があり
Skypeとかで
結構マンツーマンで教えていたりしましたけど
本当に受講する側の意識一つで全てが変わります。

 

結構な値段で教えていたノウハウと同等のノウハウでも
友達だからとかって無料で教えるとそれだけでちゃんと聞いてもらえないとか
響かないとか普通にありますね。

 

だから、よく言われるように
コンサルは高額じゃないと実際効果が薄かったりします。

 

あと、もちろん教える側の僕のコンディションも大事で
身体が疲れているとか眠いとかそういう状態だとやっぱりダメです。

 

コンサルやるならまずは健康管理が大事ですね^^

 

何にせよ、コンサルというビジネスをやる場合は
これらのポイントは注意してみて下さい。

 

まぁ、この辺は色々ありますが
あくまでも僕の意見なので参考程度までに。

 

という事で難波でした^^

 

コンサルって形ではないですが
メールでのサポートは常時やっています^^
お気軽に何でもご相談下さい^^

難波へのお問い合わせはこちら

 

PS.

初心者にお勧めのノウハウ一覧はこちらです

難波がお勧めする情報商材早見一覧表

 

150ページ以上のマニュアルPDFをプレゼント中

↓↓

tokutensita