ネットビジネスでは「より稼いでいる人の意見が正しい」のか?

難波です^^

 

今、長野の旅館にきてますが、めっちゃWifi完備してるし、
一人なのでパソコンに向かい、そのまま軽く仕事してますw

 

とりあえず、風呂が完全に貸切で最高でした。

 

内風呂

uti

 

露天風呂

soto

 

誰もいない露天風呂で1人でビールを飲んだ時点で

「来てよかった」

と感じましたね^^

 

週末予定入れてしまったので明日帰りますが
しばらくゆっくりしたいくらいです。

 

小説家みたいにしばらく温泉にこもって仕事するのも
アリだなとかちょっと思いましたねw

 

さて、今日は

「より稼いでいる人の意見が正しいのか?」

という点について書いておきたいと思います。

 

ネットビジネスで「より稼いでいる人の意見が正しい」という風潮について

car05m

実は、情報発信ビジネスに取り組んでいる方(Kさん)から
こういう相談がきたんですね。

 

——————————————-

お世話になります。

 

レビュー記事を書いていたんですが、
以下のようなメッセージが届きました。

 

「あなたが記事にしていたAさんは
年収は10億あると言われていてあなたよりも稼いでいます。

稼いでいないあなたの意見は信頼できないですし
私はAさんについていく事を決意しました」

 

どこをどう見ても、Aさんのオファーは詐欺っぽいので
その事実を書いただけなんですがこういうメールが届きました。

 

難波さんのところにもこういうメールは届くでしょうか?

 

そして、こういうメールには
どういう風にお返事をしていますか?

——————————————-

 

上記のようなご相談が届いたんですね。

 

で、実はこの手のメールは今はそんなにこないんですが
売れていない時期には結構この手のメールも多かったし、
わりと批判めいたメールが届く時もありましたね。

 

酷いものになると

「Aさんは月収億を超えており
難波さんよりも稼いでいます。

あなたみたいな雑魚は情報発信しないでください」

みたいなメールを頂戴したこともありますね(苦笑)

 

(で、どうみてもこのAさんの経歴は
誤魔化しだろっていうオチw)

 

これは、まさしく

「よりたくさん稼いでいる人は正しい」

という考えに基づいたメール内容になっています。

 

でも、こういうメールを送る人の視点が
結構危ないな~と僕は感じるんですよね。

 

何故なら、この業界では実際に稼いでいる人のほうが
詐欺っぽいオファーを出しているケースが多いからです。

 

例えば少し前だと与沢翼さんなんかいましたよね。

 

与沢翼さんは過去に様々な高額塾を打ち出していました。

 

じゃあ「一番稼いでいた与沢翼さん」の商材を買ったり
高額塾に参加した人はどうなったのか?って事です。

 

そう、ろくに稼げていないんですよね。

 

もし、与沢さんから購入した人がみんな稼げていたら
今頃、あちこちに億万長者だらけになっていたはずです。

 

でも、そうはなっていません。

 

何故、「一番稼いでいる人」の与沢翼さんから
商材を購入しても稼げないのでしょうか?

 

それは単純に与沢翼さんが「一番稼いでいる人」だとしても
「優良商材を提供する人」ではなかったからです。

 

しかし、

「よりたくさん稼いでいる人は正しい」

という価値観がある場合、実際のノウハウが優良かよりも
与沢翼さんが「一番稼いでいる」という点だけで
盲目的に信じ切ってしまうわけです。

 

そして、与沢翼さんもそういう人をターゲットにして
高額塾を大量に売り、たくさんの収益を稼ぎ出したわけです。

 

単純な話、

「よりたくさん稼いでいる人は正しい」

という考えを持っている人はカモになるわけですね。

 

だから、巷の高額塾では実際には稼いでいなくても
稼いでいる雰囲気を出して嘘の実績を打ち出したり
高級車とかタワーマンションの演出がされるわけです。

 

参考:アフィリエイトやネットビジネスで実績がない場合、嘘はOKなのか?

 

これは、セールスの世界では

「権威性」とか「社会的証明」

とも呼ばれるのですが、権威があったり
社会的証明がある人の意見を人は盲目的に信じてしまうという
人が持つ根本的な特徴を利用したものです。

 

結局のところ、たとえ全く同じノウハウでも

「権威がある人が言った事」

なのか

「無名の人が言った事」

なのかで聞き手の判断が変わってしまうわけです。

 

この性質を利用して、巷で1万円くらいで売られている情報が
20万、30万の高額塾に加工されて販売されたり、
中には1円でも売れないゴミ情報が高額塾になったりするわけです。

 

で、打ち出される実績も本物とは限らないし
中には全部嘘で塗り固められているケースも多い・・・という事です。

 

ただ、そういう場合に

「本当に稼いでいる人なのかどうか?」

を追及するよりも

「本当に質が高い情報なのか?」

を追及する方が間違いなく賢いです。

 

何故なら、

「本当に稼いでいる本物の人」

から学んだとしても自分が稼げるようになるかとは
完全に無関係だからです。

 

まぁ、家庭教師でもそうですけど東大生で教えるのが下手な家庭教師と
中堅大学だけど教えるのが抜群に上手い家庭教師だったら
後者のほうが良いって事です。

 

東大とかそんなものは全く関係なく、
下手したらコミュニケーション能力が低い事もあるし
全く学歴なんて1ミリも役に立たないわけです。

 

本物かどうかを見破るのは時間の無駄であって
それだったら「自分にとって価値がある情報なのか」に
フォーカスをあてるほうが遥かに有益なのは言うまでもないという事ですね。

 

「誰が発信した情報なのか」

よりも

「どんな情報なのか?」

で判断すべきだという事です。

 

では、どうすればそういう判断が出来るのか?

 

それは・・・

 

情報発信している人は月収20万円のつもりで読む

2

情報発信している人を

「あ、この人は月収20万円だな」

という視点で読むという方法です。

 

実際のところ、発信のレベルが高い人であれば
月収がいくらであろうと読めば質の高さは明らかです。

 

本当に質が高ければ、たとえ月収20万だとしても
文章を読んだ瞬間に

「あ、この人はたまたま今稼いでいないだけで
きっとすぐに大物になるんだろうな」

みたいな印象を覚えるはずです。

 

だからこそ、「情報だけ」で判断するのであれば
その人がいくら稼いでいるのかとかを差し引いて
判断すべきだという事です。

 

それでも内容が伴っており学ぶ部分があるのであれば
その人から学ぶ価値があると判断できます。

 

しかし、「月収20万円なんだ」と分かって
一気に目の前の人の情報の価値が薄れるのであれば

「その人の情報ではなく実績に価値を感じているだけ」

だという事です。

 

そして、

「実績はいくらでも誤魔化しがきく」

ために後で損する可能性が高いという事になります。

 

ちなみに、今回お伝えしているのと近いな~と感じるのが
ショーンk氏の学歴詐称問題ですね。

 

一応、知らない人の為に書いておきますと、
ショーンk氏というテレビでお馴染みだった
コメンテーターがいました。

 

彼はテンプル大を出て、
ハーバード大学ビジネススクール修了と
超エリートと言われていました。

 

しかし、これらは全て嘘で実は高卒だったという事で
話題になりましたね。

 

それで、激怒している人もいるとかいないとか。

 

でも、はっきり言って激怒している人は

「何に対して激怒しているのか?」

という事です。

 

だって、たとえ高卒だろうとハーバード卒だろうと

「過去に発信した情報の質は何も変わらない」

わけです。

 

もし、過去の発言に納得していて魅了されていたとしたら、
それはあくまでも発言内容に魅了されていたわけですよね。

 

それが学歴が変われば発言の質まで下がるんですか?

 

だとしたら、彼の発言の質を見ているのではなく

「ハーバード大学ビジネススクール修了」

という権威性を見ていたという事になります。

 

もし、権威性があるから正しい、
ないから間違いとかそういう基準を持っていると
いつまでもまともに自分で物事を判断することは出来ません。

 

結果として、いつまでたっても目の前の権威とかに振り回されて
まともな情報を得ないまま時間だけが過ぎ去ってしまいます。

 

だからこそ、僕が最もお勧めするのは

「人と情報を切り離して、情報のみでその質を判断する」

という事です。

 

僕がインターネットの世界が素晴らしいと感じるのは

「凄い人の意見だから正しい」

という価値観ではなく

「たとえ無名の人でも良い事言っていたら認められる」

という価値観がいつでも存在するところにあると思います。

 

例えば、つい最近も

「保育園落ちた日本死ね」

という記事を書いた無名の主婦のブログが
スポットライトを浴びましたが、そういう

「名もなき個人」

の意見が喝采を浴びるのがネットの世界の
一番面白いところです。

 

これはリアルではあり得ないわけです。

 

リアルでは

「権威がある人の意見しか聞いてもらえない」

わけですから。

 

僕がいた社畜の世界なんかはその最たるもので
「誰の意見なのか」がすべてで
上司の意見だから無条件に信じないといけないというのが
最も僕が抵抗を感じる部分でした。

 

「上司が黒だと言えば自分も黒だと言わないといけない」

こんなのが嫌だったわけです。

 

こういう権威主義的な社会のカウンターカルチャー的な
要素がインターネットには元々存在していたと僕は感じます。

 

参考:SMAPの解散から学ぶ「自由」とカルチャーとネットビジネス

 

だからこそ、ネットの匿名性、名もなき個人の意見というのは
もっと尊重されて欲しいし、そういう人の意見がより
脚光を浴びるような社会の方が面白味があると感じます。

 

情報業界で次々と高額塾が出て

「凄い人アピール」

があるのはある意味この逆なので個人的には
好きになれないですね。

 

まぁ、この辺は個人的な意見ですけど
ネット社会のあるべき姿は権威主義ではないと僕は感じます。

 

僕が考える「自由」とは

「精神的な自由」でありそれは本質的には
「権威主義からの脱却にある」と感じているからです。

 

学歴に縛られ、出世に縛られているうちは
権威主義の中に埋もれているという事です。

 

ネットの世界の中でも偉い人に頭を下げたり
セミナーに出て権威がある人にお近づきになるのは
まさに権威主義的な発想です。

 

そして、権威に振り回されている間はいつまでも
精神的に自由になる事は出来ないって事ですね^^

 

とりあえず、誰もいない温泉につかりながら
自由って良いなと感じた次第ですw

 

という事で参考になれば幸いです。

 

では、難波でした^^

 

PS.

初心者にお勧めのノウハウ一覧はこちらです

難波がお勧めする情報商材早見一覧表

 

お気軽に何でもご相談下さい^^

難波へのお問い合わせはこちら

 

150ページ以上のマニュアルPDFをプレゼント中

↓↓

tokutensita

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人自己紹介

難波のメルマガ登録はこちら

9

現在、ネットだけで生計を立てています。

難波の詳細なプロフィールはこちらの記事も是非読んでみてください。
↓↓
難波の脱社畜ストーリーはこちら

ネットビジネスで悩んでいる人の相談を受け付けています。

記事内容やその他気になる点について気軽にご相談してください。

難波への相談はこちら

ネットビジネス読み物

syosin.jpg



knowhoucolletcer.png

nanjikan.jpg

netkankyo1.png

watasiniadekinai2.jpg

sakusyu.jpg

kanekakezu.jpg

sippai.jpg

mlmaff.png

kaodasi.jpg

erumesu.jpg

このページの先頭へ