貧富の差が拡大しているのは嘘?貧しくてもネットビジネスで稼げる時代に

難波です^^

 

今日は青山に散髪にきたのでそのまま
表参道のアルマーニカフェで仕事しています^^

 

ビールを頼むとこういう感じで
おつまみもセットでサービスは上々です。

 

gaikoku1

 

それにしても、表参道あたり、本当すれ違う人が
外国人が多くてびっくりしますね。

 

外国人観光客の人数が右肩上がりなのを
本当に肌身で実感します。

 

まぁ、それだけ

「日本が安い国になった」

という事だと思います。

 

日本が世界的に「安くなった」とはどういう事か?

 

以前は

「日本は高い国だから簡単に旅行できない」

からこそ、海外からの旅行者も少なかったんですね。

 

物価が高かったですから。

 

でも、今や、アジアの都市部と東京の
物価はそんなに大差がないのが実際のところです。

 

上海にしろ香港にしろバンコクにしろ
アジアの都市が急速に潤ってその結果として
相対的に日本は安くなったのです。

 

むしろ、食べ物についてはアジアの都市部よりも
日本の方が遥かに安く美味しいものが食べれるとも言います。

 

それが、日本へ足を運ぶ観光客の増加に繋がり
あらゆる国のあらゆる人が日本でお金を落としている、
というわけです。

 

バブルの時代に日本が外国で

「お金を落としていった」

ように。

 

このことを見て感じるのは、

「『世界的には』貧富の差は縮まっている」

という事実です。

 

よく日本国内では

「貧富の差はけしからん。

みんなが平等になるようにお金を分配すべきだ!」

みたいな意見があります。

 

たまにデモも起きていますよね。

 

「金持ちはけしからん、俺にも金を分けろ!」

という風に。

 

しかし、現実に起こっているのは

「国内では貧富の差が広がって
一億総中流ではなくなっている」

代わりに、世界で見たら

「たとえ発展途上国に生まれても
努力次第で富が手に入る」

時代になっているという事です。

 

要は今までは

「日本に生まれた時点で、
そんなに努力しなくてもご飯を食べられないレベルの
絶対的貧困に落ちる可能性がない時代」

だったのが、

「世界的にはより“平等になってきている”結果、
『日本に生まれてラッキーではなくなってきている』時代に
変わってきている」

という事です。

 

だから、日本で貧しい人が生まれる代わりに
世界で豊かな人が生まれているわけです。

 

それでも、日本に生まれてラッキーなのは確実で

「食べれないレベルの絶対的貧困に落ちる可能性が低い」

のが実際のところです。

 

そんな、“ラッキーな国の日本”に生まれて
全く努力をしていない人がいたとして、その人が

「貧富の差はけしからん」

と声高に叫んでいたとします。

 

その光景を発展途上国に生まれたという理由だけで

「勉強したくても勉強が出来ず
ご飯を食べたくても好きなものが食べれない」

人が見たら一体どう感じるのか?

という事ですね。

 

当然、

「あなたたちは凄く恵まれているじゃないか」

というのが途上国の人達の意見でしょう。

 

彼らからすると

「勉強したくても勉強できないから
お金を稼ぐ事が出来ない」

と感じているからです。

 

そして、そういう途上国に生まれた人でも
「努力次第で」日本に旅行に来れる時代になりつつあるという事です。

 

で、これから先はますます、

「世界的に平等になっていく」

のは確実であり、

「貧しい国に生まれても努力次第で稼げるようになれる」

し、逆に

「先進国に生まれても努力を怠ると貧困に落ちる可能性がある」

時代に変化していくと思われます。

 

そのため、今までの日本の感覚、例えば

「仕事は適当に力を抜いて定時まで拘束すればOK」

だとか、

「特に何かしら生産しなくても会社に所属していれば
自動的にお金が入ってくる」

という感覚で仕事をしていても

「稼げなくなっていく」

時代に突入すると思います。

 

以前であれば日本企業自体が儲かっていたからこそ
十分にお金が分配されてきたのが、企業の収益が下がり
企業自体がもう余裕が残っていないからです。

 

さらに、日本自体が経済大国というポジションも
失いつつあるという事です。

 

この時代の変化を踏まえると

「どこかにしがみつく事が賢い選択ではない」

のは明らかであり、だからこそ

「自分でお金を稼ぐ力をつける事が大事」

だと僕は感じますね。

 

そして、

「お金を生み出す力」

が最も鍛えられるのはアフィリエイト分野なのは
ほぼ間違いない事実だと僕は感じます。

 

アフィリエイトスキルを身に着ければ「食っていく事に困らない」理由とは?

 

何故なら、一個人がネットを駆使して何千人、何万人を相手に
個人でビジネスを展開する事ができ、その結果、
上手くいけば大きくお金を生み出すことが出来るわけですからね。

 

ものすごくレバレッジが効くわけです。

 

僕とかは中堅アフィリエイターですし
そんなに大きく稼いでいる部類ではありません。

 

それでも、ボチボチ報酬が生まれているのも事実なわけで
たとえばこの数日もこんな感じで一つのアカウントから
これくらいの報酬が上がっているわけです。

 

gaikoku2

 

そして、これらの報酬を生み出すための知識は
ほぼアフィリエイトに実際の取り組みながら学んだものです。

 

もちろん、最初は無知なので「何も分からない」し
そのために相当苦労したのも事実です。

 

要は「アフィリエイトで稼ぐ方法なんて何も知らなかった」し
「アフィリエイトで稼ぐセンス」があったわけでもなかったのです。

 

その中で、たくさん自己投資をし、良い情報に触れて
色々と改善し、「アフィリエイトのセンスがある人の視点」を盗む事で
後天的にアフィリエイトのセンスを身に着けていったというわけです。

 

参考:綺麗ごと抜きに言うとアフィリエイトで稼ぐ人はアフィリエイトの才能がある

 

このように、アフィリエイトをやりながらアフィリエイトの知識を身に着け
大学時代とか社畜時代に身に着けたものではないんですね。

 

で、僕も大学の時にコトラーだとかマーケティング理論も
授業で学んだりしましたが、正直言って実際に個人ビジネスでは
「使えない」んですね。

 

で、その辺の知識と比べても何だかんだ、

「アフィリエイト分野がマーケティングの最先端にある」

のは間違いのない事実だと感じます。

 

特に「個人の力でお金を稼ぐ」という意味では。

 

だからこそ、アフィリエイトで稼げるようになると
リアルビジネスで何をやっても稼げる状態になれる、というわけです。

 

この辺の“本当のアフィリエイトの価値”は
是非多くの人に抑えておいてもらいたいなと思いますね。

 

日本に生きている限り
その気になればいくらでも頭脳に投資する事が出来るし


「学ぶ環境がある事は本当に価値がある」

事だと思うし、だからこそ頭脳に投資をして
ガンガン稼いでいくのが賢い選択だと思います。

 

発展途上国に生まれても豊かになれるというのはイコール、
日本国内でたとえ

「大企業に就職できなくて安月給の現状でも
自分の取り組み次第で大逆転出来る」

という事をも意味するからです。

 

だからこそ、そのチャンスを掴むことが大事だと思います^^

 

という事で参考になれば幸いです^^

 

では、難波でした。

 

PS.

初心者にお勧めのノウハウ一覧はこちらです

難波がお勧めする情報商材早見一覧表

 

お気軽に何でもご相談下さい^^

難波へのお問い合わせはこちら

 

150ページ以上のマニュアルPDFをプレゼント中

↓↓

tokutensita

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人自己紹介

難波のメルマガ登録はこちら

9

現在、ネットだけで生計を立てています。

難波の詳細なプロフィールはこちらの記事も是非読んでみてください。
↓↓
難波の脱社畜ストーリーはこちら

ネットビジネスで悩んでいる人の相談を受け付けています。

記事内容やその他気になる点について気軽にご相談してください。

難波への相談はこちら

ネットビジネス読み物

syosin.jpg



knowhoucolletcer.png

nanjikan.jpg

netkankyo1.png

watasiniadekinai2.jpg

sakusyu.jpg

kanekakezu.jpg

sippai.jpg

mlmaff.png

kaodasi.jpg

erumesu.jpg

このページの先頭へ