難波です^^

 

おととい東京に戻ってきました^^

 

姫路ではほんの少しだけ規則正しい生活してましたが、
今日は午後まで寝てました。

 

サッカーのユーロが大詰めを迎えるのでしばらく
夜型の生活が続きそうですw

 

さて、今日は

「ネットビジネスの高額塾のサポートが薄い」

という事について書いてみたいと思います。

 

恐らく、僕のサイトをお読みになっている方で
過去に高額塾に参加したとか今参加しているとか
そういう人も少なくはないんじゃないかなと思います。

 

で、中には優良な高額塾があるのは事実だし
質が高いものはサポートも濃いし稼げるようになって
満足度が高いってケースもあります。

 

しかし、多くの高額塾は

「期待していたレベルとは程遠い
コンテンツとサポートだった・・・」

なんてケースが少なくないのです。

 

一体どうして高額塾のコンテンツの質や
サポートの質が低いのでしょうか?

 

高額塾のサポートの質がイマイチになりやすい本当の理由

l_138

ズバリ結論を書いてしまいますと、
高額塾の販売者側からすると

「販売した参加者が稼いでもメリットが小さい」

というのが最大の理由です。

 

販売者も儲けるために高額塾を売るわけですが
売った瞬間は儲かるから嬉しいけどその後の
サポートは彼らにとってメリットがないか薄いのです。

 

何故なら、いくら購入者が実践して稼いでも
販売者のお金に直接は繋がらないからです。

 

売った瞬間にドカンと数百万円、数千万円稼げるけど
その後、彼らは無収入でサポートをする日々が続くんですね。

 

だから売るまでは本気だけど
売ってからは急速に熱が冷めて
サポートが雑になるわけです。

 

まぁ、販売者じゃなくてアルバイトが事務的に
サポートするケースもありますがいずれにせよ、
販売前ほどの熱量がないケースが多いんですね。

 

こう言うと、「高い値段で売っておいてなんなんだ」と
思われるかもしれませんが、でも紛れもない事実です。

 

もし、サラリーマンでも年初に年収分、全額受取れて
努力しようが努力しまいが収入が変わらないなら
努力しない人が増えますよね?

 

「頑張ろうが頑張らなかろうが、最初の時点で
すでに収入が発生していてこれ以上は変化しない」

なら頑張る理由がなくなってしまうという事です。

 

高額塾も基本的に、最初に販売してそこで報酬が確定するので
後から肝心の塾の運営者のやる気が落ちるわけです。

 

そもそも、最初の段階でお金が入って
そのお金がなくなってくると、今の塾よりも

「次はどうやってお金を作ろうか」

という風に意識が向かっていきます。

 

無報酬でサポートを続けるよりも
新しい塾を開いてお金を得たいと思うわけですね。

 

それで、現在の高額塾を放置して
次の高額塾を開いたりとかそういう事になるわけです。

 

例えば、最近もパンダ渡辺雅典さんが

We have a dream プロジェクト

なるオファーを打ち出していますが、
前にも「富の分配プロジェクト」という高額塾を開いていました。

 

で、前の高額塾の塾生が稼げていないのに
今回、新しい高額塾の募集をしているわけです。

 

一般的な受験勉強の塾なんかではもちろん
こういう現象は起きません。

 

何故なら、塾講師が

「どれだけ大学に合格実績を出せたか」

によって報酬が上下するからです。

 

本気でサポートすると合格実績が上がるし
サポートが疎かになると合格実績が下がります。

 

当然、大学に合格させないと報酬は下がるし
だから必死に教えるインセンティブが働くのです。

 

一方で、ネットの世界の高額塾は
この手のインセンティブがないケースが多いんですね。

 

全ては塾講師の「良心やボランティア精神次第」
なってしまうわけです。

 

でも、人は誰もが「現金」ですから
「良心とかボランティア精神」よりも
「メリットの有無」がやっぱり大きいんですね。

 

これはどれだけ綺麗ごと言おうが紛れもない事実です。

 

もちろん、最初からサポートする気が皆無な
悪質極まりない販売者がいるのも事実だけど
ある程度良心的な販売者もいます。

 

参考:難波が参加したセミナーで語られた「情報弱者から搾取せよ」の驚きの実態とは

 

でも、たとえある程度良心的な販売者でも
販売後にしばらく無報酬でサポートをしていて、
その間に報酬がないと、その仕組み上、今の塾生のサポートよりも
「今後の自分のお金を作る方法を考えてしまう」というわけです。

 

先ほど紹介したパンダ渡辺雅典さんのケースのように

「どうして、前回の塾で炎上して参加者が
全然稼げていないのにまた違う塾を開いてるんだよ」

みたいな話もよくありますが、この辺が理由です。

 

だから高額塾はその仕組み上、ほとんどが期待ほどの
サポートを受取れないし稼げないのです。

 

成功する高額塾は

「塾生が成功する事に販売側にメリットがある」

事が大事で、それが直接的であるほうが
よりサポートが期待できるのは紛れもない事実です。

 

例えば、

「塾生が稼げるようになればなるほど
高額塾の講師の収入も比例して上がる」

という風になっていれば塾講師からの
サポートが手厚くなるのはイメージできますよね。

 

ただ、そうなっている高額塾はほぼないはずですし
塾生が稼ぐ事のメリットが塾講師のメリットと一致しないのです。

 

だから高額塾の講師も熱量が足りないというわけです。

 

普通の教材じゃなくて高額塾を検討している人は

「塾という形式なんだから当然サポートしてくれるはずだ」

みたいな感じでサポートに期待して参加する人も多いと思いますが
上記の理由からサポートがむしろ薄くなりやすいわけです。

 

下手すると30万円の高額塾よりも
その辺のアフィリエイターがやっているような
無料のメールサポートとかのほうが質が高く
参考になるなんて事すらありますからねw

 

だからこそ、僕は何十万円も支払って
高額塾に「サポートを期待しすぎない」ほうが良いと思いますね^^

 

サポートを期待して数十万円を支払うくらいなら
数万円のメールサポートがしっかりした教材のほうが
遥かにコスパもよく稼げるようになると思います。

 

ということで

「何故、高額塾のサポートが薄いのか?」

についてちょっとカラクリを書いてみました。

 

まぁ、あらゆる教材や塾などは言うまでもなく
商売でやっていますから販売側の第一の目的は
お金儲けです。

 

ただ、その裏側にどういうインセンティブがあるのか?

を意識するだけでもどれだけ丁寧に教えてもらえるか想像つくし
悪いものに手を出すリスクはさがるはずです。

 

ということで、参考になれば幸いです^^

 

では、難波でした。

 

PS.

初心者にお勧めのノウハウ一覧はこちらです

難波がお勧めする情報商材早見一覧表

 

お気軽に何でもご相談下さい^^

難波へのお問い合わせはこちら

 

150ページ以上のマニュアルPDFをプレゼント中

↓↓

tokutensita