難波です^^

 

ちょっと読んだ本で面白かったのがこちら。

 

okane

 

僕自身は歴史はそこまでめちゃく詳しいってほどじゃないですが
でも、この本はすんなり読めました。

 

というのが、

「お金を軸に歴史が語られているから」

です。

 

よく歴史では

「誰々が戦争してどっちが勝った」

とかそういう風に習いましたよね。

 

しかし、戦争の背景には「お金」が絡む事も多いし
その勝敗にも「お金」が影響する事が多いのです。

 

例えば、誰もが知っている日本の武将と言えば
織田信長ですよね。

 

彼が本当に優れていたのは

「お金の流れを掴む力に優れていた」

という点なわけです。

 

例えば、戦争に強くなるためには
農民兵ではなく常備軍を持つことや鉄砲を持つことが大事です。

 

しかし、それにはお金がかかるわけです。

 

だから多くの国が実現できなかったわけですね。

 

その中で信長が戦争で強くなれたのは
軍を近代化できたからで、そこには経済力が大きな
要因になっていたというわけです。

 

そして、他国から抜きんでて経済力をつける政策を
進めていたという点で優れていた、というわけです。

 

つまり、「戦に強い」から勝てたわけではなく
「経済力があった」から勝てたという事です。

 

で、この本を読んで感じたのが
今も昔も変わらずに

「仕掛けられる側」と「仕掛ける側」

が存在するという事ですね。

 

もちろん、「仕掛ける側」が賢くて
「仕掛けられる側」が馬鹿だとかそういうわけではなく
事実として、この二つが存在するというわけです。

 

で、何だかんだで、昔は

「組織の中で高いポジションにつく」

事が唯一の「仕掛ける側」に回る方法であり、
そのためには身分だとか「超えられない壁」があったわけです。

 

織田信長の事を「凄い」という人は多いし、
もちろん歴史に残る凄い人物なのですが、そもそも論として

「たまたま武将の息子として生まれた」

から「仕掛ける側になれた」わけです。

 

つまり、たまたま

「最初から組織のトップとして生まれた」

わけで、だから歴史に残る事が出来たわけです。

 

同様に、商人として大儲けした人は

「たまたま商人の家に生まれたから」

というのが大きな要素だったわけです。

 

という事で、「仕掛ける側の条件」としては
「生まれた境遇が良かった事」が大事なわけですね。

 

江戸時代なんかに生まれてたまたま「農」だと
いくらお金を稼ぎたくてもそもそも無理なわけです。

 

そう考えると今は本当に恵まれた時代だなと
この本を読んで感じましたね。

 

ネットを使えばその辺のニートでも
仕掛ける側に回れるし、「国を変える」とか
大それた目標じゃなく「お金を稼ぐ」とかそれだけだと
誰にでも可能な時代だからです。

 

で、歴史って面白いんですけど、

「庶民のポジションからの目線」

で歴史を読むと実は劇的に変化したのは
ネットが出てきてから、この20年とかだと感じました。

 

この本を読んでも

「誰が支配者になるか」

が変わるだけであって、庶民の立ち位置自体は
ごくごく最近まで別に大した変化なんてないな~と
思いましたからね。

 

平清盛がどうとか信長がどうとか竜馬がどうとかは
あくまでも「仕掛ける側 = 支配者層」側の
お金の話であって、庶民がどうだったのか?という事については
そんなに今まで大差なく、一言でいうと「逆転不可能」なわけです。

 

でも、現在はある程度「逆転可能」なんですよ。

 

いくら貧富の差が拡大しているとか言っても庶民の
可能性としてみたら現在のほうが明らか大きいです。

 

本書のメインテーマはそこじゃないんですが、
でもそこが一番の大きな変化だと思いますね。

 

という事で、あんまり歴史では触れられない
庶民のお金とかも踏まえて読んでみると面白いと思います^^

 

さて、前置きが長くなりましたが本題です。

 

ちょっと相談があったんですが、

「ネットビジネスでこれから情報発信をしたいのですが
読者に嫌われないか不安です。どうしたらいいでしょうか?」

という内容でした。

 

という事でこの点について書いておきます。

 

ネットビジネスで読者に嫌われる不安は必要か?

l_138

まず、僕がネットビジネスで良いなと思うのは

「やりたい放題だから」

という点にあります。

 

もちろん、法律は守らないとダメですけど
それさえ守れば余計なルールはほとんどありません。

 

例えば、会社には目に見えるルールもたくさんある上に

「良く分からない謎の空気」

も裏ルールとしてあったりしますよね?

 

「誰々さんが帰るまで自分も席を立ってはいけない」

みたいな謎のルールが。

 

そういう「空気みたいなもの」が無数に張り巡らされて
「非常に行動しにくい」のがリアルの世界であり
そのためにやたらストレスを感じるわけです。

 

で、そういう裏ルールは漏れなく行動力を奪います。

 

最初のうちはどれだけやる気満々でも
そういう環境に5年、10年いればどうなるか?です。

 

例えば、物凄くやる気が高くて稼ぐ気満々の新入社員がいたとしても

「こういうプロジェクトをしてお金を稼ぎたいんです!」

と上司に訴えたところで

「そんなものは無理だ」

と言われて終わるか、もしくは職場の空気みたいなものに支配され

「そもそも、お金を稼ぐための行動すら出れない」

ようになるわけです。

 

要は、何かしらの組織に所属した時に

「仕掛けられる側」

のポジションに自分を置いてしまうという事です。

 

だから、会社の上層部や上司の都合が大事で
それに沿って動かないといけない側面があるわけですね。

 

で、こういう環境にずっといると

「あらゆる意欲」

が削がれていきます。

 

常に周囲の目を気にして

「正しくできているんだろうか?」

とかそういう正解かどうかを気にしているような状態です。

 

ある意味、精神に異常をきたしている状態です。

 

しかし、ビジネスを個人でやるとなると
誰かの機嫌をとったりだとか根回しだとか
そんなものはもちろんありません。

 

ブログを立ち上げようがメルマガを作ろうが
全部自由だし別に極端な話好きな事を書き放題なわけです。

 

言うまでもなく、別に誰かに嫌われようが

「来たくない人には来てもらわなければいい」

だけの話でやりたい放題、勝手に何でもできます。

 

何故なら、自分自身が「仕掛ける側」だからです。

 

言ってみれば

「自分でお客を選ぶことも可能」

なわけです。

 

リアルの世界だと誰かに嫌われたら終わりの部分がありますが
少なくともブログの世界では「特定の個人に嫌われるダメージ」なんて
ほぼゼロです。

 

むしろ、そういう人がこないように記事を書く方が良いし

「嫌いな人はお断り、好きな人とだけノーストレスでやる」

という選択ができるのが良いところだと僕は思います。

 

そういう点で情報発信をする際に

「誰かに嫌われるかも?」

と思う必要は一切ないと思うし、むしろ

「誰かに嫌われることで別の誰かからは好かれる」

と僕は思いますね。

 

逆にこの世界で誰からも好かれようと八方美人になる必要もなく
特定の人とだけ関わる方が間違いなく良いと思います。

 

参考:ネットビジネス、全員から好かれようとすると誰からも好かれない

 

ちなみに、ネットビジネスでも最初のうちは

「お金を稼ぐ事」

が基準かもしれないですがある程度稼げるようになってくると
別に何もしなくても毎月7桁稼げるようになってきます。

 

すると、「お金」の重要性が相対的に落ちて

「この人とだったら楽しくビジネスできそうだな」

とかそういう「人」が基準に変化していきます。

 

逆に「ストレスを感じる人」とは敢えて関わらなくなるし
お金のために誰かにおべっかを使うとかもあり得なくなります。

 

で、もう一つ大事なのが、ネットビジネスの世界には

「正しい一つの答え」

があるものでもないので、

「間違いでもいいからとにかくやる」

ほうが伸びるのも早いはずです。

 

「こう書く事で誰かが変に思わないだろうか」

だとかそういうのも別に悩む必要はないです。

 

結構、今までの環境で

「誰かの目を気にしていた」

とか

「常に正しいかどうかを気にしていた」

という場合は中々ネットで好き勝手できないかもですが
法律を違反せず、かつ常識の範囲であればもっと
自由にやったほうが良かったりもするのでその点は意識してみてください^^

 

失敗もいくらでもし放題ですからね^^

 

参考:ネットビジネスは失敗し放題

 

という事で参考になれば幸いです。

 

では、難波でした^^

 

PS.

初心者にお勧めのノウハウ一覧はこちらです

難波がお勧めする情報商材早見一覧表

 

お気軽に何でもご相談下さい^^

難波へのお問い合わせはこちら

 

150ページ以上のマニュアルPDFをプレゼント中

↓↓

tokutensita