難波です^^

 

ただいま実家にいます。

 

以前からのメルマガ読者の方でしたら
ご存知かと思いますが、親が難病なのもあって
ほぼ毎月帰省をしています。

 

で、その流れで今月も実家で
ほぼ家の中で過ごしています。

 

自分の都合で毎月帰省が出来るのも
ネットビジネスの魅力の一つだと思いますね^^

 

参考:暇なのはありがたい事だと改めて感じるネットビジネスライフ

 

気遣いのメールもたくさん頂戴して恐縮です。

 

さて、今日は

「無料で有力アフィリエイターから
ブログの書き方を学ぶ意外な方法」

について書いていきたいと思います。

 

無料で有力アフィリエイターから記事の書き方を学ぶ方法

wmn0092-001

言うまでもないですが

「記事の書き方」

を学ぶ第一選択は何かしらのノウハウに
投資をするほうが良いです。

 

有料のノウハウであれば丁寧に
記事の書き方が学べるからです。

 

しかし、中には

「記事の書き方を学びたいし
教材に投資がないけどお金がなくて投資は難しいかも・・・」

という人もいるかもしれません。

 

そういう人にも今回はお勧めできる学び方です。

 

この業界である程度稼いでいるアフィリエイターは
実は「自分で記事を書いていない」というケースも多いです。

 

最初の時点では自分自身で全ての記事を書いていたものの
ブログ数が増えたりしてくると自分で全部書くのが
きつくなってくる、というようなケースもあります。

 

また、記事内容によっては

「必ず自分で書く必要がないもの」

もあるわけです。

 

例えば、化粧品のサイトを作るときに

「化粧品でよく使われる成分Aについて記事を書く」

とすると、「成分の情報」が記事内容になります。

 

この場合、誰が記事を書くにしろ「成分の情報」である以上
必ずしも自分で書く必要はありません。

 

このような時にアフィリエイターが
何を利用するかというと「外注」です。

 

よく使われるのは以下のようなサイトですね。

 

■ランサーズ

http://www.lancers.jp/

 

■クラウドワークス

https://crowdworks.jp/

 

■シュフティ

http://www.shufti.jp/

 

で、外注って聞くと丸投げってイメージかもしれませんが
実際には丸投げは稀です。

 

丸投げだと思うようなクオリティの記事が
上がってこないからです。

 

ある程度、記事作成に慣れているライターさんだと
良い記事が上がってくるんですが、
そうじゃない場合も多いんですね。

 

特に、「稼いでいるアフィリエイター」ほど
「安い値段」で上手に人を雇うケースが多いです。

 

大体1記事300円とか400円レベルでも
外注先から応募がくるのでそういう値段で募集をかける人もいます。

 

そして、「安い値段」で外注依頼すると
まだ自信がない「初心者」からの依頼も必然的に増えてきます。

(逆に言うと、専業でライターをしている人は
報酬が高くないと雇えない傾向にあります)

 

で、「安い値段で雇える」なら
たとえ「初心者」でも〝やる気が高い人材”の場合は雇いたい、

というアフィリエイターも多いのです。

 

そういう場合、人にもよりますが、
外注さんにライティング指導をするケースも結構あります。

 

つまり、ある程度稼いでいるアフィリエイターから
外注を受けると「記事の書き方」等を
無料で教えてもらう事が出来る・・・というわけです。

 

アフィリエイターが外注先を教育する
ざっくりとした流れとして

 

1.採用前の段階で無料で「記事の書き方マニュアル」を外注先に提供する

 → 自分のブログに書いてもらう記事なので
   内容は「有料」レベルであるケースが多い

 

2.外注先にまずはマニュアルを元にテスト用の記事を書いてもらい、
 テスト用の記事がしっかりマニュアルに沿って書けていれば採用する

 → 20記事や30記事単位での契約が多い

 

3.外注先から上がってきた記事をその都度丁寧に添削して修正依頼をする

 

4.しっかりした記事が上がってきたら1記事納品完了

 

5.20記事なり30記事なり契約している記事数が完了したら契約完了で報酬の支払い

 

こんな感じの流れで外注に依頼します。

 

で、添削の際に場合によってはSkypeなどで
指導をするような人もいます。

 

僕自身も外注先に記事の作成を依頼するケースもありますが

「自分のブログにアップする記事を書いてもらう」

以上、ある程度のクオリティのものじゃないと
自分のブログに使えません。

 

だからこそ、適当に添削なんて出来ないし、
しっかり「記事の書き方」を伝える必要があるわけです。

 

逆に言うと、外注先の方から見ると
「色々な点が学べる」というわけです。

 

ある意味で、

「お金を貰いながらコンサルをしてもらえる」

というようなメリットもあるわけですね。

 

(もちろん、仕事を受注している以上はちゃんとこなさないとダメなので
「お金を支払って学ぶコンサル」とは別物です)

 

このように、実際に

「有力アフィリエイターの記事作成を代行する」

事で、色々な指導を無料で受けながら
スキルアップを図る事が出来ます。

 

で、スキルアップをしてからですが、
ライターとして報酬を上げていくより
アフィリエイトを自分でやるのが賢いです。

 

中には

「ライターとして1記事●円確実に報酬が貰える方が良い」

という人もいますが、実際のところ
自分でサイトを立ち上げてアフィリエイトをするほうが断然稼げます。

 

つまり、

「将来、自分でアフィリエイトで稼ぐ事を前提に
有力アフィリエイターの外注先のライターになって
少額お金を稼ぎながらスキルを盗む」

という事です。

 

基本的に、「自分の記事に書いてもらう外注先」には
惜しみなく自分のノウハウを提供するアフィリエイターが多いので
積極的に色々気になる点を聞くと喜んで教えてもらえますよw

 

で、アフィリエイターは長期契約を望むと思いますが
ある程度スキルが身につけば契約を延長せずに
自分でサイトを作っていくと良いでしょう。

 

この辺はあまり知られていないかもしれないですが
興味がある人は検討してみると良いと思います^^

 

ちなみに、2016年現在は

「たとえ1記事300円とか400円でも外注の応募が結構くる」

のが実際のところです。

 

僕の場合は1記事400円で3500文字とか
そういうレベルの記事を書いてもらったりしていますw

 

この辺も外注依頼のテクニックがあり、

「この人から学べたらお得だ!」

とか

「ここの外注を受けると自分にもメリットがある!」

思わせる事が出来たらいくらでも
安い値段で人材が集まってしまいます。

 

要は、「ただ記事を書いてもらう対価」だけでなく
「それ以外の価値を提供する」のがポイントです。

 

外注を駆使したらほんの少しの経費でほぼ自動で
次々と記事が出来ていき、しかも
「たったこれだけの経費でいくら稼げるのよ?」
って感じなので本当楽ちんです。

 

この辺は需給ギャップを突くというか、

「ライター市場の1記事単価」

「アフィリエイトで記事を作成した時に
稼げる期待報酬」

にギャップがあるからこそ使える技です。

 

興味がある人は以下の教材の特典なんかに
盛り込んでいますので是非参考にしてみてくださいね^^

 

外注×物販アフィリエイトで自動化まで可能なノウハウ

 

Wiki×自動化ノウハウ×外注化

 

あと、外注化については以下の記事でも書いています。

 

外注すれば丸投げで稼げるのか?

 

という事で参考になれば幸いです。

 

では、難波でした^^

 

PS.

初心者にお勧めのノウハウ一覧はこちらです

難波がお勧めする情報商材早見一覧表

 

お気軽に何でもご相談下さい^^

難波へのお問い合わせはこちら

 

150ページ以上のマニュアルPDFをプレゼント中

↓↓

tokutensita