難波です^^

 

電通で過労死認定されたニュースが話題になっていますね。

 

何でも、2015年、東京大学を卒業したばかりの
電通に入社した女性社員(当時24歳)が、1年目のクリスマスに、
業務に耐え切れなくなって社員寮から投身自殺をしたとの事です。

 

僕も会社を辞める前は本当に辛い時期がありましたから

「他人事とは思えない」

部分もありショックなニュースでもありました。ご冥福をお祈りします。

 

こちらについてはネット上を見ると

「電通が悪い!ブラック企業!」

みたいな意見も数多くありますね。

 

書類上は105時間の残業だったようですが
実際にはそういう次元ではなくて2時間睡眠だったようです。

 

まぁ、朝の4時とか5時まで半強制で残業で
しかも何をやっても上司に怒られるとかになると

「そりゃあ普通に考えるとブラックだよな」

って話です。

 

しかも激務っていう時間の問題だけじゃなくて
関わる案件の規模もでかいだろうし
プレッシャーも半端ないはずなんですよね。

 

あとは性的見返りがどうこうとかも
書いていましたがまぁ多少はセクハラもあったのでしょう。

 

しかも、つい先月にトヨタなどへの不正請求事件が発覚した部署ですから
その辺の後処理みたいな仕事を押し付けられていた可能性もあるようです。

 

そういうのが重なって重大なストレスになったんじゃないかな・・・

と思いますね。

 

で、このニュース、一般的にはブラックだとかそういう意見もあるのですが
ただ、内情的にはまた違う部分もあるように見えるんですね。

 

電通の社員の特徴はブラック企業とは対極?

kodo

というのが、僕の知人で電通勤務の人も何人かいて
その中の一人とは数年ほど前に話したりもしています。

 

で、辛そうにしているかというとその逆で

「ハードだから頑張れる」

みたいに肯定的に捉えている印象がとても強かった。

 

実際、そういう電通マン(電通女子)って自分の意思でもう
あり得ないくらいバリバリ働くんです。

 

その目的は

「もっと高みに到達するため」

とか

「昨日の自分に打ち勝って『何者か』になるため」

とかそういう感じです。

 

まぁ「意識高い系」って言葉が流行りましたが
まさにそういうイメージですね。

 

そもそも、学生時代から3か国語を話せるとか
ベンチャーでバリバリ働いていたとかそういう感じで

「大きな仕事を求めて電通に行く」

って感じなんですよね。

 

実際、最近の動向を見たらどっかの大学に呼ばれて講師をしたりだとか
テレビで取材を受けたりだとか雑誌に出たりとか
書籍を出したりとか人によっては本当に色々やりたい事を
実現しているな~って印象です。

 

そういう人からすると恐らく、たとえ朝までの仕事でも

「自分を育ててくれた電通に感謝」

みたいに思っているだろうし、むしろ激務歓迎みたいな
ノリもあるように思えるんですよね。

(まぁ一部の知り合いだけを見て感じる事ですが)

 

で、一般的には高給取りだと言われていますが、
やっている仕事量だとかプレッシャーだとかを踏まえると
月収100万円は見合っていないと思うしむしろ
2~3倍は給料ないと普通はやってられないだろうって感想です。

 

そんな割に合わない給料でこなせるのは
社会的ステータスとかももちろんそうでしょうが、それ以上に

「大きな仕事をやるプレッシャーと
それを乗り越えて成長していく自分が楽しい」

とかそういう部分なんだと思います。

 

で、そういう人が上司になっていくから

「ハードな仕事をこなして一人前」

みたいな価値観が崩れないのかな~とか思うし、
そういう環境がある中でもし自分だけが

「仕事が楽しくない」

ってなってしまうと本当に辛いんだと思います。

 

で、そういう電通の風土が前提にあって、

「命を絶つ前に逃げる決断が出来なかった事」

が今回、大きいと思います。

 

「会社なんて辞めても何とでもなる」

ってちょっとでも思えたら全然違っていたはずなのに
そういう風な発想が出てこなかったのです。

 

その理由は、僕も会社員時代はそうだったのですが、
ハードな毎日でまだペーペーで上司に怒鳴られてばかりだったら

「自分で考える力がなくなっていく」

んですね。

 

しかも、会社という世界で24時間の大半を過ごすので
それ以外の世界が存在する事すら見えなくなってしまうわけです。

 

ましてや、今回のように

「東大 → 電通」

ってきていると世間的には大成功している人生です。

 

辞めるというと確実に親とか周囲は反対するだろうし自分の中でも

「せっかく頑張って入社したのに」

みたいな勿体ない精神も発生しやすい。

 

そうなってくるとますます

「逃げられない状況」

に自分で自分を追い込んでしまうわけなんですよね。

 

こういう時に自分を縛るのは実際には

「目に見えない空気みたいなもの」

だと思います。

 

もし、世間の人がコロコロ仕事を辞めるのが当たり前で
仕事をやっていなくても自由に楽しそうにしているような
社会だったとしたら多分ここまで思い悩んでいないと思うんですよね。

 

「みんな気軽に仕事辞めるし私もやーめよ」

で終わりですから。

 

しかし、日本の会社では

「一回はじめた仕事は完遂するのが当たり前」

だとか

「会社との約束を守るのが当たり前」

だとか

「周囲の期待に応えるのが当たり前」

とかそういう空気があります。

 

こういう空気の中で

「自分はなんてダメなんだろう」

みたいに自己嫌悪に陥ってしまうと本当に苦しい。

 

それに拍車をかけるように

「お前の仕事は全部無駄だ」

なんて上司に言われてしまうとそりゃ辛いです。

 

特に、今までの人生が完璧だったならなおさら
「逃げる = 人生を諦める」みたいな認識になりやすい。

 

こういう要素が重なって八方塞がりになり
最悪の結果を生んでしまったのだと思います。

 

で、僕が今回のニュースで改めて感じたのが

「何事も自分の幸せのために決めるべき」

って事です。

 

 電通の過労死で感じる自分の幸せを自分で決める重要性

wmn0092-001

世間的には

一流大学 → 一流企業

って幸せだと言われます。

 

でもそれがそのまま
自分にとって幸せだとは限りません。

 

というよりもそんな表面に幸せなんてなくて
幸せは自分の心にしかありません。

 

たとえ自分の会社で超幸せそうな上司がいたとしても
自分がそこで幸せになれるとは限らないのです。

 

だから

「自分が何をやれば幸せになれるのか」

は自分の意思で決める事です。

 

で、たとえ

「過去の自分の決断を裏切る事」

であったとしても

「今の自分の想いを尊重した方がいい」

と思います。

 

人間なんて諸行無常、毎日生まれ変わる生き物です。

 

「1年前に自分が幸せだと思っていたこと」

であっても

「今の自分にとって幸せとは限らない」

のです。

 

就職もそうで、過去の自分が決めた会社でも
それが今の自分の幸せに繋がるとは限りません。

 

だから、たとえ、その時はどれだけ周囲に反対されても

「本当の心の声」

を大事にすべきだと思いますし、
少しでもモヤモヤが小さいうちに行動するほうが良いと思います。

 

僕の場合。

 

会社員をスタートした時は、

せっかく入社したのだから
出世を頑張って「何者かになる挑戦」がしたい

と思っていました。

 

周囲には「意識高い系」の人も多かったし
自分自身もその一人だったわけです。

 

でも、実際に会社に入ってしばらくすると

「何か違う」

とはっきり感じたのです。

 

そればかりかアトピーが悪化して
明らかにストレスで体がおかしくなりました。

 

幸い、僕の場合は思い悩んでダメになってしまう前に
身体に明らかなストレス反応が出たので
逆にそれが良かったのだと思います。

 

でも、一日のうち20時間は体が痒くて痒くて
本当に辛い日々でした。

 

そういう中でキャリアについて色々考え
「自分の心の声」を聞いて分かった事。

 

それは、

「何者かになる挑戦」

よりも

「何者でもない自由」

が本当は欲しかったという事です。

 

凄く大きな仕事を成し遂げたいという気持ちよりも
ありのままの自分で幸せな日々を楽しみたいという
想いのほうが強いという事に気付いたのです。

 

また、以前は大切だと思っていた
世間的な名声や地位や名誉も実は興味がなかったのです。

 

ただ自由であるための豊かさは欲しかった。

 

だから、仕組み上、

「何者でもない自分のまま大金が稼げるネットビジネス」

を選んだのです。

 

(ただし、ネットビジネスで稼ぐのは
企業でバリバリやるよりはるかに簡単とは言えど
相応の努力は必要になってきますが)

 

参考:ネットビジネスが「簡単」で「稼ぎやすい」本当の意味とは?

 

これは一般常識がどうとかそういうのを一切無視した
自分の決断です。

 

そこには「自分の意思」がある以上
たとえ誰かに何を言われようが周囲が反対しようが
自分を貫き通す強さがあります。

 

迷いがないのです。

 

だからこそ、全てを取り払って

「自分にとって何が幸せなのか?」

を考えた時にこそ本当の道が見えてくると思いますね。

 

で、実際のところ

「何者かになるためにもがいている時」

よりも

「何者でもない自由を選んでから」

のほうが、結果的には色々な人から注目されて
大きな事業とかそういう仕事も回ってきたりするようになりました。

 

ネットで細々と表に出ない僕ですら

「えっ、こんな凄い人からコンタクトがあるの?」

みたいな話だってありますからね。

 

これもとても不思議なものですが、結局は

「自分の心に正直に生きれば
様々な道や可能性が開かれていく」

という事なんだと思います。

 

という事で色々電通のニュースについて感じたことを
書いてみました。

 

参考になれば幸いです。

 

では、難波でした^^

 

追伸

電通ではないのですが、元博報堂の方が書いた
こちらの本は中々面白かったです。

 

sikou

 

「思考力」がテーマで、

今の時代は思考力がある人のほうが
学力がある人よりも仕事で成功できる、

みたいな切り口でその代表をお笑い芸人としています。

 

で、その思考力をどういう風に鍛えるか、

みたいな内容です。

 

実際のところ、思考力はネットビジネスをやる上でも
大事だと思うし何にせよ鍛えておいてマイナスにはなりません。

 

まぁ言うまでもなくすぐに身につくものじゃないし
今月、来月の収入が劇的に上がるようなものじゃないですが
長期的には明らかに効いてくる内容ですね。

 

興味がある人は読んでおいて損はないと思います^^

 

PS.

初心者にお勧めのノウハウ一覧はこちらです

難波がお勧めする情報商材早見一覧表

 

お気軽に何でもご相談下さい^^

難波へのお問い合わせはこちら

 

150ページ以上のマニュアルPDFをプレゼント中

↓↓

tokutensita