(ネット)ビジネスの世界では欲望と悩みを制するものがお金を稼ぐ件について

難波です^^

 

今日は久しぶりに早起きして近所のパン屋で
仕事しています^^

 

ちょっと以前財布を落とした時にお世話になった高崎のお店
お礼言いに菓子折りをもってプチ旅行してたのですが、お酒を飲みすぎて
昨日とかは早々に寝てしまい逆に朝型に戻った感じです(笑)

 

たまに早起きすると謎に幸福感感じますね^^

 

さて、今日は

「欲望と悩みを制するものがビジネスを制する」

という点について書いてみたいと思います。

 

ビジネスの世界で大金を稼ぐには欲望と悩みへのアプローチが大事

lgi01a201409260800

人が「お金を使う = 消費をする」というのは
基本的には「何かしらの欲を満たすため」もしくは
「何かしらの悩みを消すため」というケースが多いです。

 

そして、その「欲」や「悩み」というのは
基本的に「意図的に植えつけられるもの」です。

 

無から勝手に生まれるものではありません。

 

つまり、勝ち続けている企業や個人事業主は
「欲」や「悩み」を植え付けるのに長けているんですね。

 

売るものが良いものであれ詐欺的なものであれ
結局のところ「欲」や「悩み」を植え付ける事が出来れば
ある程度売れてしまうわけです。

 

例えば、有名なのが「口臭」という言葉。

 

実は大昔は一般的には「口臭」という言葉は
使われていなかったとされています。

 

しかし、ある時期にとある企業が

「マウスケア用品を売りたい!」

と思いました。

 

しかし、

「悩みがない限りマウスケア用品なんて売れない」

わけです。

 

だからこそ、

「口臭大丈夫ですか?」

というような感じで「口臭」という言葉を打ち出して

「もしかして私って口が臭いのかも?!」

という「悩みを植え付けた」わけです。

 

それまでは「口臭」という言葉自体誰も知らないし
一般的ではなかったと聞いたことがありますが
こういう言葉を一般的に広める事で悩みを作り出したのです。

 

その結果、口臭ビジネスは今では大きな
市場規模を誇るビジネスになっています。

 

このように、「意図的に悩みを植え付ける」事で
自社商品を「より多く売る事が出来る」わけですね。

 

同様にして、車のCMなんかを見ると

「大自然の中でひたすら車を走らせる光景」

なんかが描写されます。

 

実際にはそんなところを車で走るのは稀なのに

「何故、そういう光景をCMにするのか?」

という事です。

 

これは「車に乗ってひたすら走りたい!」という
欲を植え付けるためだったりします。

 

同様に、「自分が今持っている欲」を振り返ってみると
その多くが「企業によって作り出された可能性もある」と思います。

 

そのほうが儲かるわけですからね。

 

このように、リアルビジネスでも

「欲と悩みを制する事が売上アップに繋がる」

わけです。

 

ネットビジネスの世界において欲望や悩みを制する事例とは?

031

で、ネットビジネスでもこれは当然
当てはまります。

 

というよりも「売上を上げる」ためには
絶対的にこの辺は意識すべきです。

 

例えば、最近色々なサイトをリサーチしていて

「これは中々面白いな~」

と思ったのがとあるハゲ薬系のサイトです。

 

そのサイトでは色々なハゲの人の悩みに合わせた
コンテンツが用意されていたのです。

 

この手のサイトは普通に作るとコンテンツの内容が

「既にハゲてしまった人向け」

になりやすいのですが、中には

「俺って抜け毛が増えてきたけど大丈夫なのかな?」

と「まだハゲていないけどちょっと不安なレベルの人」も
多数世の中には存在します。

 

そういう人にまで売れるのか、売れないのかでは
サイトの売上には雲泥の差が生まれてしまいます。

 

で、そのサイトが面白かったのは

「あなたがハゲかどうかチェックするには
オレンジ色のライトの下で地肌を見るのが良いですよ」

という風に書いていた点です。

 

実はオレンジ色のライトの下だと普通にふさふさな人でも

「地肌が透けて見えやすい」

という特徴があります。

 

つまり、「本当はふさふさな人」でもそのハゲチェックを見ると

「俺はもしかしたらハゲなのかもしれない?!」

という風に「悩みが植え付けられてしまう」わけです。

 

その結果、言うまでもないですがそのサイトからの
売上は上がりやすくなります。

 

「自分がハゲなのかどうか悩んでいる層」を
全員ハゲ扱いしているわけですからねw

 

この辺を見て

「あぁこれは上手だな~」

と素直に感心しましたね。

 

このように、アフィリエイトの世界でも
売れているサイトは「上手に悩みや欲を植え付ける」わけですね。

 

もちろん、僕もこの辺は絶対的に意識します。

 

よく「仕掛ける側」と「仕掛けられる側」という話をしますが
結局のところ「仕掛ける側」は欲や悩みを植え付ける側です。

 

参考:ビジネスにおける仕掛ける側と仕掛けられる側とは?

 

欲望を植え付けてその欲望を叶えるものを提示する。

 

悩みを植え付けてその悩みを解消するものを提示する。

 

だから売り上げが上がるという構図です。

 

逆に「仕掛けられる側」というのは欲や悩みを植え付けられる側です。

 

その結果、「欲を満たす」ためだとか「悩みを解消する」ために
行動してしまうのが「仕掛けられる側」の特徴になります。

 

前回も過労死関係で記事にした電通なんかは企業の中では
とても高給取りとして有名です。

 

どうして電通が高給取りなのかというと儲かっているからであり、
電通自体が広告代理店というビジネスからまさに仕掛ける側であり

「欲望や悩みを植え付けるのに長けた企業」

であるともいえるわけです。

 

だから儲かるし社員の給料も出せるわけですね。

 

という事で「お金を稼ぐ」上で

「欲と悩みを制する事」

は大事になってくるので是非意識してみてくださいね。

 

参考になれば幸いです。

 

では、難波でした^^

 

PS.

初心者にお勧めのノウハウ一覧はこちらです

難波がお勧めする情報商材早見一覧表

 

お気軽に何でもご相談下さい^^

難波へのお問い合わせはこちら

 

150ページ以上のマニュアルPDFをプレゼント中

↓↓

tokutensita

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人自己紹介

難波のメルマガ登録はこちら

9

現在、ネットだけで生計を立てています。

難波の詳細なプロフィールはこちらの記事も是非読んでみてください。
↓↓
難波の脱社畜ストーリーはこちら

ネットビジネスで悩んでいる人の相談を受け付けています。

記事内容やその他気になる点について気軽にご相談してください。

難波への相談はこちら

ネットビジネス読み物

syosin.jpg



knowhoucolletcer.png

nanjikan.jpg

netkankyo1.png

watasiniadekinai2.jpg

sakusyu.jpg

kanekakezu.jpg

sippai.jpg

mlmaff.png

kaodasi.jpg

erumesu.jpg

このページの先頭へ