東大の先生が語るトップ中のトップの成功者の特徴とネットビジネスの素晴らしさ

難波です^^

 

今日は銀座の漢方クリニックに行ってきました。

 

そこの先生と

「ビジネスのパフォーマンスについて」

話したのですが、非常に面白かったので
今回ちょっと書いてみたいと思います。

 

脳の状態とビジネスのパフォーマンスについて

039

以前から記事にしている通り、僕は健康の投資として
僕の体質に合わせたオーダーメイド漢方を毎月飲んでいます。

 

特に病名があるわけではないですが、親の病気だとか
ビジネス上のストレスなどを感じてから

「何も病名はないけど明らかに体調が悪くなったな」

という感覚があったので漢方に投資する事にしたわけです。

 

具体的にどういう風に体調が悪くなったかというと

 

・明らかに睡眠中に夢が増えた(眠りが浅くなった)

・体が緊張している感覚が増えた

・たまにめまいのようなふわふわ感が出るようになった

・以前よりもちょっとした事で不安を感じるようになった

 

など、色々とストレスからくる症状が出ていたわけです。

 

この手の症状があっても西洋医学だと

「病名がつかなければ異常なし」

で終了です。

 

しかし、東洋医学だと五臓六腑の異常として
治療が可能なわけです。

 

で、東大の漢方の責任者もやっていた
西洋医学と東洋医学両方を組み合わせた治療ができる
先生に診てもらっているというわけです。

 

で、毎月9万円ほどかかるので今に至るまで
軽く200万円以上漢方薬に投資をしており、結構高いのですが
その結果、明らかに脳の状態が良くなっています。

(これとは別に脳針もやっていますw)

 

そんな中で、今回僕が先生に相談したのが
以下のような内容です。

———————————————————

お陰で以前悩んでいた症状は明らかに良くなってきました。

 

緊張とか不安感も大分良くなってきました。

 

ただちょっとした悩みとして、親の病気などで
ストレスを感じる前に比べると明らかにちょっとしたことで

「緊張しやすくなっている」

と感じるのです。

 

大昔は全く緊張しなかったような事でも
何故か緊張を感じたり不安を感じたりする事があるのですが
これは、やっぱり脳の状態がまだ完全ではないんでしょうか?

 

もう少し「図太い脳の状態」を作って
脳の安定感と自分のパフォーマンスを高めたいのですが
どうすればいいでしょうか?

———————————————————

こういう相談をしたんですね。

 

僕自身、大昔はそんなに緊張とか不安とかそんなに感じなかったのに
親の病気とか強烈なストレスを感じる経験を経て
明らかにその辺の不安を感じやすくなっているという自覚があるんですね。

 

結果的に、ちょっとした出来事に明らかに脳が影響を受けて

「緊張を感じやすい」とか「不安を感じやすい」

という症状がまだ取り切れていないのです。

 

で、その辺を改善しないと何だかんだで
脳内の雑念が取れないし、脳がクリアじゃないと
幸福感も小さくなると感じるので相談したのです。

 

すると、先生はこういう事を言っていたのです。

———————————————————

それは、色々悩んだ結果、脳に

「不安を感じやすい回路が出来てしまった」

のが原因ですね。

 

身体の症状が大分消えたのでかなり良くなってきていると思いますが
ただ、一度そういう回路が出来ると完全に消えるには
ある程度時間がかかります。

 

ただ、もう少しだと思いますよ。

 

そして、パフォーマンスですが、これは脳の状態に
大きく左右されます。

 

私はプロ野球選手からパフォーマンスアップのために
漢方の処方を頼まれたこともあります。

 

が、漢方には葛根湯など有名でもドーピングに引っかかる薬もあるのと
プロ野球選手は飲んでいる薬の成分を全部提出が必要なので
その辺を踏まえて最終的には途中でやめたのですが(苦笑)

 

スポーツ選手でも最終的には

「強靭なメンタルがあるかどうか」

で最終的にトップになれるかどうか決まります。

 

ある程度までは誰でも可能なのですが
トップ中のトップになるとメンタルが全てです。

 

圧倒的な風格と自信がある人を見ると一瞬で分かりますよね?

 

でも、これは目に見えない精神的な部分ではなくて
実は脳にある物理的な神経回路によって決まる部分があります。

 

不安を感じやすい回路を持っているのか
自信を感じやすい回路を持っているのか
そういう要素も大きな要因になるわけです。

 

ドーピングなどはその神経回路に直接作用するので
脳の回路が強くなり、結果自信が得られたリして
パフォーマンスが上がるのです。

 

だから、スポーツでもトップを取るような人は
結局は先天的に「強靭な脳を持っている」のです。

 

もちろん、スキルとかテクニックも大事なのですが
強靭なメンタルが最終的には大事でそれを決める要素に
脳の状態は間違いなく関係します。

 

ただ、漢方薬も飲み続ける事で脳の神経に作用して
2年、3年という長い期間を経て脳の状態を強くすることが出来ます。

 

通常のドーピングのように一過的なものではなく
恒常的に脳を強くすることもできるんですよ。

 

時間をかけてドーピングをするようなイメージですが
ただ普通のドーピングのように体に害はありません。

 

でも、難波さんの場合は今すぐにこれをやるというよりは
まずは脳を安定させるのが先ですね。

—————————————————————-

こういう話をしていたんですね。

 

実際には複雑系がどうとか1.2次元がどうとか理屈っぽい内容もあったのですが
僕も話を聞いていて全て理解できませんでしたがざっくりと
上記のような事を言っていました。

 

ここで、改めて感じたのが、

「全てのベースは身体にあるんだな」

という事ですね。

 

スキルやノウハウやマインドの更に下のベースに脳の状態がある

lgi01a201409260800

たとえ、どれだけ優れたスキルを身に着けても
マインドがダメだと成果が出ないというのは良く聞く話ですよね。

 

しかし、マインドというのも論理的な概念であり、
そのベースにあるのは究極の話を言うと、物理的な脳なわけです。

 

同じように100万円支払って超高額のコーチングセミナーに参加しても
成功できる人もいれば全く成功できない人もいます。

 

どこに差があるのか?は多分突き詰めると
物理的な脳に存在する神経回路にあるんだと思いますね。

 

例えば、海外とかだと受験勉強に
スマートドラッグが使われるのはしばしば聞く話です。

 

スマートドラッグというのは「脳そのもの」にアプローチして
頭を良くする薬で違法性があるものもあれば合法のものもあります。

 

「本気で受験に合格したい」場合、
この手の「脳をアップデートして頭を良くする薬」を飲んで
勉強するとかあるわけですね。

 

まるでスポーツ選手がパフォーマンスを高めるために
ドーピングをするかのように。

 

ドーピングが何故ダメなのかというと
脳の神経回路自体に作用するからです。

 

それだけ脳の神経回路はパフォーマンスに
影響を及ぼしてしまうというわけです。

 

もちろん、スマートドラッグのような危険なものは
お勧めできないし辞めた方が良いのですが事実として

「物理的な脳のスペックの勝負に持ち込んでいる人がいる」

わけですね。

 

パソコンでも、いくら良いソフトウェアを搭載していても
肝心のハードウェアがダメだと良い性能は発揮できません。

 

最新のWindows(ソフトウェア)を入れたとしても
CPUとかメモリがダメだとその性能は発揮できないというわけです。

 

リアルの世界に当てはめると
ソフトウェアが言ってみれば精神論であり
ハードウェアが言ってみれば脳自体の状態です。

 

この辺を踏まえるとビジネスの面でも

「全てのベースはやっぱり健康(=体と脳と神経の状態)にあるんだな」

という風に感じましたね。

 

だから、健康には本当に投資すべきなのです。

 

極端な話をすると、例えば脳に明らかなダメージがあって
認知症の症状があるとビジネスはとてもじゃないですが
厳しいと言えます。

 

ただ、そういう病気レベルじゃなくても
日々のストレスだとかいろいろな経験で脳の思考回路が作られ
その状態が悪ければパフォーマンスにも影響するという事です。

 

例えば、

「悩み事がすぐに浮かび上がってくる回路」

が脳にあるとしたらその回路を消さない事には
雑念が浮かび上がり続けてしまい前向きにビジネス出来ないわけです。

 

参考:脳に雑念があると稼げない?その理由とは?

 

で、これを

「何かしらの高額なマインドセミナー」

に参加すれば消せるかというと
中々消せないわけなんですね。

 

じゃあどうすれば良いか?ですが、
余裕がある場合は僕のように漢方薬に投資するのが一つですが
実は無料で誰にでもできるのが有酸素運動です。

 

特に

「楽しいと感じる有酸素運動」

が効果的なようです。

 

気持ちが良い場所でのランニングとか
テニスが好きだったらテニスをするとかですね。

 

有酸素運動では「脳自体の性能を高める」事は出来ませんが
「ストレスやマイナスになっているものの除去」は出来るとの事。

 

その理由は身体を動かす事で神経を動かす事が
出来るからのようです。

 

つまり、少なくともマイナスの状態をプラスマイナスゼロに
持っていく事が出来るというわけですね。

 

実際に僕もそうですが、脳の状態が悪くて
未だにマイナスの状態が続いていますがこの状態を
改善していく事でパフォーマンスも高まっていくという事です。

 

ですので、週に数回、1回につき15分で良いので
ランニングをするのは脳にもすごく良いみたいです。

 

ちなみに、僕自身、明らかに自分でも分かるくらいここ数年は
脳の状態が悪かったですがそれでも収入面では余裕で7桁稼いでいます。

 

スポーツの世界でトップになるだとかそういう次元は
脳の強さがとても重要になるようですが、ネットビジネスで
ちょろっと稼ぐレベルであれば実際はそこまで関係ありません。

 

むしろ、ストレス耐性が低い現在の僕のようなタイプは
やっぱりネットビジネスは非常に向いていますね。

 

ここでも書いたんですがネットビジネスの場合は

「自分がルールの世界にも関わらず7桁以上の金額を稼げる」

ので通常の仕事に比べて遥かにストレスをコントロールできるから、です。

 

大きなビジネスや関わる人が多い案件で大きく稼ぐとなると
それだけ色々なストレスがかかってくるので、同じ金額稼ぐにも
より大きなストレスを感じる事になります。

 

この前電通の件についても記事にしました
こういうところの仕事はたとえ100万円の給料と
社会的地位があったとしてもプレッシャーも半端ないはずです。

 

で、そういうところで強靭な脳を持っている人は
はなから「プレッシャーをあまり感じない」ので勝手に成功するのですが
「プレッシャーを感じる人」だとあれこれブレーキがかかるし
場合によっては最悪の結果になってしまうわけです。

 

ちょっとした事でいちいちストレスが積みあがっていくわけで
結果、良い企業に入っても稼げないとか稼げてもストレスだらけで
毎日辛いとかそういう状況に陥ってしまうわけですね。

 

しかし、ネットビジネスは気楽にできるので
ストレス要素は通常のビジネスよりも遥かに小さいわけですね。

 

「なんで、ストレス耐性がそこまで大きくない僕が
ある程度成功できたのか?」

という事を考えた時に、やっぱりこの辺の
ネットビジネスの特徴はあると思いますね。

 

という事で改めてネットビジネスの素晴らしさを感じた次第です^^

 

もちろん僕自身もより人生を豊かにしていくのに
脳の状態を整えてストレス耐性を強くしたいな~と思っているので
これからも漢方薬にはお世話になる予定です。

 

という事で今日の先生の話は面白かったので
書いてみました。

 

参考になれば幸いです。

 

では、難波でした^^

 

PS.

初心者にお勧めのノウハウ一覧はこちらです

難波がお勧めする情報商材早見一覧表

 

お気軽に何でもご相談下さい^^

難波へのお問い合わせはこちら

 

150ページ以上のマニュアルPDFをプレゼント中

↓↓

tokutensita

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人自己紹介

難波のメルマガ登録はこちら

9

現在、ネットだけで生計を立てています。

難波の詳細なプロフィールはこちらの記事も是非読んでみてください。
↓↓
難波の脱社畜ストーリーはこちら

ネットビジネスで悩んでいる人の相談を受け付けています。

記事内容やその他気になる点について気軽にご相談してください。

難波への相談はこちら

ネットビジネス読み物

syosin.jpg



knowhoucolletcer.png

nanjikan.jpg

netkankyo1.png

watasiniadekinai2.jpg

sakusyu.jpg

kanekakezu.jpg

sippai.jpg

mlmaff.png

kaodasi.jpg

erumesu.jpg

このページの先頭へ