「匿名レビューブログ=有名人に寄生するネットハイエナ」に意見を書いてみた

難波です^^

 

ちょっとネットを見ていて面白いフレーズを見つけました。

 

それが「ネットハイエナ」という言葉です。

 

何でも

「匿名でブログ等を運営して有名人の
商材を批判するのは有名人の知名度に便乗したハイエナ行為だ」

みたいなネットビジネス有名人の主張ですね。

 

ただ、そう言っている人の商材自体も
評判がかなり悪いので恐らくその辺を踏まえて

「自分の商材の評判を正当化するため」

に頭を捻ってネットハイエナという言葉を作ったのかな~と思います。

 

検索するとネットハイエナについて色々出てきますが
ちょっと見ていて面白かったですw

 

まぁネットビジネスの有名人でも情弱狙いのビジネスの場合は
やっぱり評判が悪いです。

 

理由は以下のような思考で高額塾を販売しているからですね。

 

参考:難波が参加したセミナーで語られた「情報弱者から搾取せよ」の驚きの実態とは

 

一方でネットビジネスの有名人といっても
だいぽんさんとか新田さんとか本当に実力がある人は
匿名ブロガーから支持をされており評判がとてもいいですね。

 

参考:新田祐士(みんてぃあ)さんとお金の話をして驚愕した事について

 

つまり、ネットビジネスの有名人でも必ずしも叩かれているわけではなく

「評判が悪い人はやっぱり悪いと叩かれている」

し、その逆で新田さんのように匿名ブロガーからも
カリスマ的な人気がある有名人もいるという事。

 

まぁ、匿名ブロガーでも闇雲に全部詐欺だとか言う人もいれば
全うなものを推薦する人もいるわけですけどね。

 

つまり、実名だから良くて匿名だから悪いというのは
おかしな話なわけで実名か匿名かは本質的に良し悪しには関係ないわけです。

 

この辺踏まえると

匿名で有名人の記事を批判する = ネットハイエナ

という言葉自体が暴論かなと僕は思いますね。

 

という事で今回はこのネットハイエナについて
以下、詳しく僕の意見を書いてみたいと思います。

 

ネットハイエナ=匿名で悪いものを悪いと書くのが悪なのか?

gahag-002555

先にも書いたように、僕的には

「匿名で批判記事を書いて何が悪いの?」

というのがむしろ率直な意見だったりします。

 

というよりも、この業界に関して言えば
ネットビジネスの有名人とされる人物が

「権威」と「社会的証明」

を駆使して「内容が薄い商材」を
売るケースが非常に多い。

 

つまり、

「権威がある人物が勧める商材だから
良いに違いない」

という判断をするような誘導をして
販売しているという事ですw

 

でその結果良いものであれば良いですが
イマイチなケースが大半だから問題なわけで、
実際問題として「悪いものは悪い」わけです。

 

一番わかりやすいのがこの業界で一番の有名人だった

「与沢翼さんが販売していたビジネス教材」

ですね。

 

彼自身は凄い人物に間違いないですが
じゃあ打ち出している教材が全部良かったかというと
それは全くの別問題なわけです。

 

実際に、与沢さんの高額塾に参加していた知り合いとかしますが
結構悲惨な目にあったって言ってましたからねw

 

ですので、それを指摘する事自体に
何の問題もないというのが一点。

 

むしろ、「悪いものは悪い」とちゃんと言わないと
ろくでもないものばかりになってしまうでしょって話です。

 

で、「匿名がダメ」というのも意味不明な話です。

 

何故なら、匿名だろうが実名だろうが

「扱う教材の質」や「発信する情報の質」

に直接関係があるわけじゃないからです。

 

ちなみに僕は匿名ではなく実名で運営しており、
こちらの記事なんかで実名の証拠を出しています。

 

が、基本は実名だとアピールする内容は
一番目立つプロフィール等で一切出していません。

 

何故なら、

「実名だからと言って
発信する情報のクオリティが上がるわけではない」

からというのが一点です。

 

実際、資格とか大学の卒業証書とか
一番目立つプロフィールに貼っておけば

「この人は勉強熱心で学んでいるんだな」

と思われるくらいのものは持っていると思います。

 

しかし、そういう「権威」とか「社会的証明」は
敢えて控えて、その辺の匿名ブログと
同じ雰囲気で運営しているわけです。

(まぁ最低限は入れていますけど)

 

これは、むしろ僕の理念の問題です。

 

僕の掲げる理念というのは

「多くの人が自由になる事」

です。

 

そして、自由の反対語こそ

「権威主義」

だという風に考えているのです。

 

会社とかでも「権威がある人」は
自分の主張を通せるかもしれないけど
ぺーぺーだと自分の主張なんて通らないじゃないですか?

 

社長と全く同じ意見を平社員が言っても
誰も話すら聞いてくれないわけです。

 

ここに自由があるかというと全く自由がないのです。

 

「全く同じ意見」なのに社長じゃなくて
平社員が言うから「誰からも話を聞いてもらえない」世界は
果たして自由なのか?という事です。

 

しかし、ネットだとどうでしょう?

 

「名も無き一個人の意見」が突然うねりをあげて
世間を包み込んでしまう事だってあるのです。

 

例えば、保育園問題について

「保育園落ちた死ね!」

とツイートした匿名の女性が脚光を浴びたのは
記憶に新しいですね。

 

このような「名も無き個人」の意見が
「誰の発言なのか」ではなく「どんな発言なのか」で
評価されるのがネット社会の面白いところです。

 

そして、そこに僕は「自由を感じる」のです。

 

だって、たとえ人脈がないただの名も無き個人が
「自分の発言」で人生を逆転する事が出来るからです。

 

そもそも、僕はネットビジネスの本来の在り方は
権威主義へのカウンターカルチャーだと感じています。

 

60年代の権威主義的ハリウッド映画へのカウンターカルチャーとして
70年代に無名の新人監督がアメリカンニューシネマを流行らせたように。

 

80年代の権威主義的産業ロックへのカウンターカルチャーとして
90年代に無名バンドがオルタナティブロックが世界的に流行ったように。

 

そして、最近だと完全に色物扱いされていた
ドナルドトランプがアメリカ大統領になりました。

 

これはアメリカ主義のトランプが大統領になったとか
表面的に言われますし、実際にはかなり多面的な要因があります。

 

ただ、二項対立的には1%の「名がある富裕層」と
99%の「名も無き庶民」の戦いでもあると言え、
「名も無き庶民」が勝利した出来事だと解釈できなくもないのです。

 

つまり、「名も無き庶民」が世の中を動かしたという事であり、
そこに僕は自由を感じるのです。

(まぁ本質的にはドナルドトランプは権威側の人間ですが
選挙戦略が上手だったのだと思います)

 

スティーブジョブズがカリスマになれたのも
彼が本質的に権威ではなくカウンター側の人間だったからです。

 

バンドの世界でもメジャーに出ずにインディーズにこだわる人は
たくさんいますよね?

 

その精神性がどこにあるのか?という事です。

 

それは有名になって「名前で評価される」のではなく
「音楽自体で評価されたい」という想いなのです。

 

そっちのほうがかっこいいと僕は思うし
むしろ権威を必要以上に使うのはダサいとすら感じるのです。

 

だから僕はネットビジネスでも

「誰の意見なのかではなくどんな意見なのか?」

で評価される方が面白いと思うし、そっちが
むしろ「在るべき姿」だと考えています。

 

権威と社会的証明で自分を信じさせるのではなく
自らの発言で自分が何者かを証明する。

 

その可能性が「ただの一個人」にまで広がったからこそ
ネットの世界は面白いのです。

 

実際に、ちきりんさんとか
超人気の有名ブロガーはニックネームで運営しています。

 

そしてちきりんさんのブログは爆発的にヒットしましたが、

「元マッキンゼーの誰それ」

という事を打ち出したわけではなく

「ニックネームだけど面白い発言」

で評価されて今があるわけです。

 

ちきりんさんの場合も元マッキンゼーとか書けば早々にファンがついたでしょうが
そういう部分を出さずにただの個人ブログでニックネームで運営して

「発言内容でファンを生み出した」

わけです。

 

そっちのほうが面白いでしょ?と僕は思います。

 

逆に名前を出して「私は有名でしょ」アピールをするほうが
商売臭いし、ネットビジネスの世界になると尚更なわけです。

 

日本だと匿名のネガティブな側面が出がちですが
むしろカリフォルニアとかだと匿名のエンジニアが
ネット上で繋がってシステム開発を進めたり
建設的なプロジェクトは非常に多いです。

 

本来、匿名で「何者でもない人が集まりビジネスをやる」のは
可能性があり非常に面白い世界だと僕は思います。

 

だからこそ、

「匿名は悪い」

みたいな風潮に僕は反対するし、ましてや

「凄い人にお近づきになって有名人に成り上がる」

みたいなのはリアル社会の権威主義と一緒であり僕は好みません。

 

むしろ言いたいのは

「名も無き個人が自分の腕で立ち上がる可能性が開けているからこそ
インターネットの世界は面白みに満ちている」

という事です。

 

だから「名前を有名にせずに稼ぐ方法」を僕は提唱したいし、
多くの人が「名も無き個人のまま豊かになって欲しい」と感じます。

 

もちろん、そのためにはきちんとスキルと知識をつけて
情報発信力も必要になってくるのが大前提です^^

 

まぁ、とは言ってもそれぞれが自分の武器で
ビジネスをする分には特に文句はないし
それはそれで僕は良いと思いますけどね^^

 

あと、ここまで書いてちょっと注意が必要なのが
販売するものの質と匿名とか実名は
特に相関がないという事実です。

 

この業界の商材のクオリティだけを見ると

「匿名だろうが実名だろうが悪いものが大半」

であり、

「匿名のほうが実名より良いんだな」

とかそういう問題ではないという事です。

 

実際には顔出しで良いものもあれば悪いものもあるし
匿名で良いものもあれば悪いものもあります。

 

あと、実名だから悪いってものでもなく
凄く真摯にビジネスを実名で展開している人もいます。

 

つまり、実名か匿名かは本質的には
ビジネスの質とはあんまり関係がないという事。

 

「匿名だから悪い」というのが暴論だから
それに対して書いただけで、基本匿名とかでも
この業界に関して言えばダメなものが大半ですからねw

 

だからこそ、しっかり「情報の質」とか
その裏側にある発信者の考え方を見るべきだという事です。

 

その人が書いた文章を読めばたとえ実名だろうが匿名だろうが
そこには哲学や理念があるし、ちょろっと読めば「大体のレベル」なんて
文章とか発言見れば分かるでしょって話です。

 

そこをしっかり読み取るのが大事だって事であり
それは実名なのか匿名なのかとは次元が違う問題だという事です。

 

この辺はしっかり踏まえてみて頂けたらな~と思いますね^^

 

以下の記事も参考にしてみてください^^

 

ネットビジネスではより稼いでいる人が正しいのか?

 

という事で参考になれば幸いです。

 

では、難波でした^^

 

PS.

初心者にお勧めのノウハウ一覧はこちらです

難波がお勧めする情報商材早見一覧表

 

お気軽に何でもご相談下さい^^

難波へのお問い合わせはこちら

 

150ページ以上のマニュアルPDFをプレゼント中

↓↓

tokutensita

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人自己紹介

難波のメルマガ登録はこちら

9

現在、ネットだけで生計を立てています。

難波の詳細なプロフィールはこちらの記事も是非読んでみてください。
↓↓
難波の脱社畜ストーリーはこちら

ネットビジネスで悩んでいる人の相談を受け付けています。

記事内容やその他気になる点について気軽にご相談してください。

難波への相談はこちら

ネットビジネス読み物

syosin.jpg



knowhoucolletcer.png

nanjikan.jpg

netkankyo1.png

watasiniadekinai2.jpg

sakusyu.jpg

kanekakezu.jpg

sippai.jpg

mlmaff.png

kaodasi.jpg

erumesu.jpg

このページの先頭へ