難波です。

 

つい先日、Googleのアルゴリズムが変わって
ブログの検索順位が入れ替わったようですね。

 

何名かの方からこの件について相談がありましたが
僕の所有ブログは少なくとも順位にほぼ変化はありません。

 

「一体何が変わったのか?」

ってくらい何の影響もなく、
むしろ順位は上がったくらいです。

 

まぁ、ブラックな事をして無理矢理
検索順位を上げたり一切していないので
当たり前なんですがw

 

恐らく、今後もブログSEOについては
そんな大幅な変更はないと思います。

 

ただ、ちょっとSEO対策だとか
ビッグキーワードでの上位表示について
相談も多々あるしそれが知りたいという相談もあるので
僕の考え方について書いていこうと思います。

 

コンテンツis Kingというフレーズを盲目的に信じるな

m

SEO対策を多少でも学んでいる人は

「ブラックハットSEOを行って無理矢理検索順位を高くする」

のはもはや時代遅れな事は十分理解しているかと思います。

 

被リンクツールなんかやっても順位は上がらないですし
仮に上がったとしても効果は超短期です。

 

それよりもしっかりと読者に支持される内容を書くことが
最も大事だとされているわけです。

 

いわゆる「コンテンツ is King」という考え方です。

 

その中で現在Googleが重視しているのが

「実際にどれくらいブログを読んでいるか

= ブログ滞在時間」

とされています。

 

まぁ、中身が良ければブログの記事をじっくり読むし
面白くなければすぐに読むのを止めるので
これはまず間違いなく大事だと言えるでしょう。

 

読まれる記事 = 検索順位も高くなる

これは間違いないのです。

 

この「コンテンツ is King」を踏まえて
多くの人に読まれる内容を書こうとする人が結構多いです。

 

ただそれだけだと検索順位は上がりません。

 

何故でしょうか?

 

それは、

「全員が等しく価値を感じるコンテンツなんてないから」

です。

 

100人いて100人が精読するなんて記事ありません。

 

だから「100人全員に受け入れられようとする」と
逆に誰にも響かない記事になってしまうのです。

 

それよりも大事なのは

「自分のブログに呼び込むターゲット層を意識して
そのターゲット層だけに響く記事を書く事」

です。

 

つまり、ある人にとっては優れたコンテンツでも
別の人にとってはゴミコンテンツだとしても良いのです。

 

よって、正確には

「自分の記事を読んでくれるお客さんだけ」

「コンテンツ is King」

になっていればOKだという事です。

 

結局のところ、「人があってのコンテンツ」なので
「誰が読むのか」を徹底的に考える事が
何よりも大事だという事ですね。

 

少数アクセスではきちんとブログが評価されない

次に僕が実体験として感じているのが

「少数のアクセスだけでは
たとえ滞在時間が長くても検索順位が上がらない」

という点です。

 

当たり前ですが、ブログに1アクセスしかないのに
その1アクセスが超滞在時間が長くても
検索順位なんて上がらないですよね?

 

つまり、「滞在時間」と一言で言っても
ある程度のアクセス数があるのが前提になるという事です。

 

1000アクセスあってそのうち60%の
600アクセスが記事を全部精読してくれたとします。

 

一方で100アクセスあってそのうち80%の
80アクセスが記事を全部精読してくれたとします。

 

どちらがSEOに強くなるでしょうか?

 

これは正確な答えがあるものではないですが
経験上は前者のほうがSEO的には強くなりやすいと僕は感じています。

 

要は、アクセスの母数が少ないと
滞在時間が長くても検索順位はそこまで上がらないのです。

 

ですので、ある程度客寄せの記事を用意しておいて
その記事から上位表示させたいターゲットの記事に
アクセスを流していく・・・

という事をしたほうが経験上
検索順位が伸びる確率が高くなると感じています。

 

トレンド性がある記事でアクセスを集めて
読み物系の記事にアクセスを流す・・・

というのも手ですね。

 

よく昔のブラックハット時代はターゲットサイトにリンクを送って
検索順位を押し上げるという考え方でSEO対策をしていましたが、
そうではなくターゲットサイトにアクセスを送るというイメージです。

図にすると以下のような感じですね。

 

記事A
記事B アクセス
記事C →→→ ターゲット記事
記事D
記事E

・・・・・・

こういう構図ですね。

 

ひと昔前の被リンクと近いですが、
被アクセスを送るようなイメージです。

 

参考:SEO対策における被リンクの数と質の考え方

 

メルマガ読者を抱えている場合は
ターゲットの記事にメルマガからアクセスを流すのも手です。

 

ただ、アクセスを流す際に考えた方が良いのが

「きちんと精読されるような誘導をする事」

です。

 

単純にアクセスを流すだけで
そのアクセスが精読に繋がらないと逆効果です。

 

例えば記事Aから記事Bにアクセスを流す場合も
ただ誘導をすればいいのではなく

「滞在されるような誘導をしないと意味がない」

という事です。

 

1000アクセスを送ってそのうちの700が離脱するなら
アクセスを送る前に700を削っておいて300だけ
アクセスを送るほうが滞在率は伸びるし効果的なのです。

 

考え方としては

「滞在時間を長くするにはどうしたら良いのか?」

というところから逆算して誘導元と誘導先
誘導地点を組み立てていく感じですね。

 

参考:ネットビジネスは逆算力があると稼げる?

 

この辺は結構コツがあるのですが
長くなるのでまた改めて書いてみます。

 

何にせよ、資産型で長期的にアクセスを集め続けるブログを
作るにせよ、トレンド性のアクセスを集めるスキルは
非常に大事だと僕は考えています。

 

何故なら、トレンド性のアクセスの「使い方」によって
資産型のブログ自体が強化できるからです。

 

そういう意味でやっぱり基本はこちらになると思います。

→ トレンドアフィリエイトの王道ノウハウ

 

わりと最近のSEO対策まとめ

069

という事で長々と書きましたが基本は

「ターゲットの読者に対して
その読者が価値があると感じる内容を提供する」

というのが基本になります。

 

その上で必要に応じてアクセスを流したり
あとは記事単位ではなくブログ全体の導線を考えると
SEOは強くなりやすいと思います。

 

まぁSEO対策自体は別に決まった答えがあるもんでもないし
僕が個人的に意識している事に過ぎないので
その点踏まえて参考にしてみてくださいね。

 

あと、SEO対策をやる上で何よりも大事なのは
SEOテンプレートを入れておくことです。

→ ワードプレス用SEOテンプレート

 

という事で参考になれば幸いです。

 

では、難波でした^^

 

PS.

初心者にお勧めのノウハウ一覧はこちらです

難波がお勧めする情報商材早見一覧表

 

お気軽に何でもご相談下さい^^

難波へのお問い合わせはこちら

 

150ページ以上のマニュアルPDFをプレゼント中

↓↓

tokutensita