難波です。

 

ここのところやる仕事が非常に多くて
充実しています。

 

今日もセールスレターを1枚
依頼されて書いていました。

 

去年以前からの読者さんからは

「最近、メルマガの頻度減りましたね」

というメールもありましたが
ちょっと忙しいのもありますね^^;

 

ただ、その分学びが多いです。

 

色々な仕事に取り組んでいるんですが
仕事のパフォーマンスを高めて稼ぎを大きくするにも
全然真逆の方向があるんだな~と感じますね。

 

つまり、ある業界では

「こういう仕事の進め方の人がデキる人で
稼げる人である」

という常識が別の違う業界では
全く通用しないどころか、むしろ「デキない人」に
なってしまうケースもあるという事です。

 

アフィリエイトにもこれは当てはまっていて

「本業ではめっちゃ仕事が出来るのに
アフィリエイトでは稼げない」

みたいな人も中にはいます。(もちろんその逆も然り)

 

という事で今回はその辺について書いてみます。

 

仕事がデキる人が別の業界では通用しない理由

l_138

例えば、仕事を仕上げるのに10日間ある事を
想像してみてください。

 

この時に、「どういう仕事内容なのか」によって
その10日間の有効な使い方というのは全く変わってくるのです。

 

例えば、

「自分が企画する系の仕事」

の場合。

 

当然ですが、企画内容そのものが
この仕事の価値を決めます。

 

よって、10日間あるうちなるべく
多くの日数は「企画を練る事」に頭を悩ませるほうが
トータルの価値は高くなります。

 

9日考えて最後の1日で仕上げを行った企画書と
5日考えて5日かけて仕上げを行った企画書とでは
前者のほうが「本質的に企画に費やした時間」は
遥かに長いのでその分、よく練られていて価値も高いのです。

 

この時、自信がある人ほど

「仕上げを遅らせる」

傾向にあり、自信がない人ほど

「早く仕上げに取り掛かる」

傾向にあります。

 

自信がないと、残り5日の時点で

「やばい、あと5日しかないから
この辺で終わらせないと」

という思考になり、5日目で仕上げに
取り掛かってしまうからです。

 

仕上げというのは要するにプレゼンのための
文書化とか形にする作業のことであり、言うまでもなく
この作業自体では価値が高まる事がありません。

 

結果的に、文書化に5日も使ってしまう結果、
「企画に費やす時間」を削ってしまうのです。

 

一方で自信がある人は

「残り1日で文書にするのは余裕だから大丈夫」

という心の余裕があるので
9日目まで余裕で企画を続けていたりします。

 

このように、企画系の場合は

「仕上げを行うまで長く粘る = 出来る人」

という傾向があるのです。

 

一方で、受注系の仕事の場合は
全くこれが当てはまらなくなります。

 

というのが、受注の場合は

「仕事の仕上げ → 相手の判断 → 手直しor納品」

というプロセスを経るので
仕上げた後に戻りが発生するケースが多いからです。

 

もし、10日しかない中で9日粘って
最終日に相手先に納品した場合

「ここの部分、ちょっと変更して欲しい」

という要求に残り1日で答えないといけなくなります。

 

すると、完全に納期に間に合わず結果的に

「あの人、仕事遅いよね」

という企画系とは正反対の評価になってしまうのです。

 

ここで、企画系と受注系の最大の違いは

「企画系は自分の納得」

が仕事終わりの基準であり、受注になってくると

「相手の納得」

が仕事終わりの基準になってくるという事です。

 

よって受注系の場合の仕事では

「なるべく早い段階で試作品を作って相手に見せる」

という事を行うほうが早い段階で相手が
完成品をイメージできるので
なるはやで提出するのが最善だったりします。

 

イメージですが、最初の2日で第一段階を
完成させてしまって残り8日で手戻りに備える・・・

というのが賢い仕事の進め方です。

 

このように、業界や仕事内容で
良いとされる進め方は変わってくるのです。

 

アフィリエイトに適した仕事の進め方とは?

031

これは、アフィリエイトとか
情報販売などでも当てはまります。

 

ブログを書く場合は前者が近いです。

 

1時間で記事を書く際に

「50分は記事の構成などしっかり考えて
残り10分で仕上げの書く作業を行った記事」

「10分しか考えていなくて
残り50分で書くという作業を行った記事」

とではどちらが価値が高いでしょうか?

 

恐らく前者のほうが内容は濃いと言えますし
間違いなくSEOにも強くなりアクセスも集まります。

 

結果的に、稼ぎも大きくなるのです。

 

また、自分個人で商材を作って個人で販売する場合も

「なるべく長い時間、企画を練る事に時間を費やす」

ほうが価値は高くなるし、売上も大きくなるのは
言うまでもありません。

 

つまり、個人アフィリエイターの場合は基本的に

「同じ時間内でどれだけ考える(=企画する)事に時間を割けるか」

が勝負になってくるわけです。

 

仕事が出来ないうちは「考える以外の作業」に
かなり時間を取られてしまいます。

 

ブログを作るにもどうやればいいから分からないから
それに時間を費やしてしまうし動画を作るにも
動画のアイデアを出す以上に動画ソフトの使い方を
調べたりするのに時間を消費してしまうわけです。

 

だからパフォーマンスが上がらずに
儲けも少なくなるわけですね。

 

ただ、この個人アフィリエイター的な仕事の進め方だと
マズい場合もあります。

 

それが、協業系で自分以外の組織のLPを作るだとか
セールスのお手伝いをするような場合です。

 

その場合、「相手のOK」を貰うのがゴールの仕事になるので

「なるはやで試作品を見せる」

ほうが相手から見ると助かるし、
結果的に高い価値になるケースが多いのです。

 

というよりも個人で仕事をやるのと同じ感覚で

「限界ギリギリまで価値を高める事に費やす」

という事をしてしまうと逆に納期に間に合わずに
てんで「相手からは」価値が低い仕事になってしまう事もあるのです。

 

で、「今の自分の働き方」にこだわりが強すぎる場合は
別の世界で仕事をすると途端に「ダメな人」に
なってしまうケースもあるという事です。

 

ここで働き方を変えるには柔軟性が大事であり
ある意味、こだわりを捨てないとダメです。

 

長々と色々書きましたが最近の僕は
この両方のタイプの仕事を並行してやっていて
後者の仕事が混ざっています。

 

つまり、僕自身の商材を作るだとか記事を書くとかではなく
相手がいてその相手に提供するコンテンツを作るという
仕事をしているわけですね。

 

その結果、「今までの仕事の進め方」だと
結構マズいなと色々気付きもあったので
今回記事にしてみた次第ですw

 

思考の柔軟性がアフィリエイトには重要である

039

恐らく、この記事を読んでいる方も
アフィリエイト以外に本業とか色々仕事をしていると思います。

 

その仕事はどういうタイプなのか?が大事です。

 

全く正反対の仕事を「今までの常識」でやると
「パフォーマンスが低くて全然稼げない」となるかもしれないので
この辺は是非考えてみると良いと思います。

 

リアルの世界で仕事経験豊富な人がネットビジネスや
アフィリエイトでは途端に稼げないのも
この辺が壁になっているケースもあります。

 

というよりもアフィリエイトの場合は
僕よりも若い20歳くらいの成功者もいるわけで

「20歳の人が言う仕事の進め方や
稼ぎ方なんてたいしたことがない」

みたいになる年上の人も結構いるのです。

 

まぁ実際問題として人生経験にしろ
年齢を重ねるほうが経験値は多いのでたいていの仕事は
年齢が高いほうがデキるのは言うまでもありません。

 

ただ、結局のところ業界や世界が変われば
あらゆるルールが変わるのでそこに適応させる
柔軟性があるかないかが非常に大事なのです。

 

ですのでアフィリエイトで稼ぎたいなら

「今までの仕事の常識ではなく
アフィリエイトの常識」

で考えるほうが良いし、そうする事が
早くお金を稼ぐポイントになってきます。

 

この辺の「仕事の常識」の切り替えが
スムーズな人ほど伸びるのは早く、
アフィリエイトの世界である程度若い成功者が多いのは
パソコンスキル云々よりも柔軟性の問題だったりします。

 

結局のところ

「自分の常識がどういう常識なのか?」

「その常識とその業界の成功者の常識にどういう違いがあるか?」

ここが大事で、ずれている場合は
常識を変える事に力を入れないとダメです。

 

これに関しては

「仕事の進め方」

に限らず「お金の使い方」だとか
「時間の使い方」とかも当てはまります。

 

20歳そこそこで伸びている知人や友人もいますが
やっぱりお金の投資にしろ派手ですし
時間の集中の仕方も違います。

 

つい先日も20歳くらいで500万とか
そういうレベルを稼いでいる人とSkypeした際に

「この100万円の塾、僕も実践しているので
難波さんもやりましょうよ」

と言われましたが、今の僕でも
即断即決できない金額の投資を平気でやっていましたからね(笑)

 

逆に年齢が高くなればなるほど、その常識で
生きてきた日数も長くなり強固になるので
常識の変更が難しくなるというわけです。

 

高い視点で俯瞰出来れば年齢関係なく
常識の入れ替えは可能ですが
凝り固まるとやっぱり厳しいので、
是非この点は意識してみてください。

 

という事で参考になれば幸いです。

 

では、難波でした^^

 

PS.

初心者にお勧めのノウハウ一覧はこちらです

難波がお勧めする情報商材早見一覧表

 

お気軽に何でもご相談下さい^^

難波へのお問い合わせはこちら

 

150ページ以上のマニュアルPDFをプレゼント中

↓↓

tokutensita