難波です^^

 

最近Twitter関係の質問も結構届くようになってきたので

「どういうTwitterアカウントがフォロワーが伸びるのか?」

についてちょっと書いてみたいと思います。

 

Twitterのアカウント = 企画という構図を抑える

基本的にTwitterというのはアカウント作成に
特に制限がなく伸びているアカウントは見えやすい世界です。

 

そういう部分もあってわりとアカウント自体が
「他人と似たり寄ったりになりやすい」世界です。

 

例えば、「名言BOT」とかそういうアカウント(ユーザー名)は
腐るほどあるのです。

tw1

 

そんな中で自分が「名言BOT」というアカウントを
今から作って果たして伸びるかというとかなり微妙です。

 

もちろん、地道にフォロワーを増やしていく事は
可能なんですが「爆発的に伸びる」というのはまずありません。

 

で、ここで意識して欲しいのがTwitterの場合

「アカウント名 = 企画」

という構図になっているという事です。

 

「名言BOT」というアカウント名を作ったら
それがそのアカウントの「企画」になります。

 

実際、「名言BOT」という名前なのに
「名言以外のツイート」を行うと一貫性がなくなるので
実質的にアカウントによってツイートの内容が固定されるという事です。

 

そして、「企画の良し悪し」によって
ファン(フォロワー)のつき方も変わってくるという事です。

 

 

同じようにフォロー返しを狙って

フォローしていく場合でも

「フォロー返しされる確率」

も違えば

「RTで拡散されて自発的にフォローされる確率」

も変わってくるという事です。

 

極端な話、面白そうなアカウント名(企画)があって
実際のツイートも面白いものであれば
ただツイートしていくだけでも伸びやすいという事です。

 

では、具体的に実例を紹介します。

 

実際に伸びるTwitterアカウントの要素とは?

こちらの「本田の悩み相談」というアカウント。

tw2

 

これは少し前のアカウントですが
参考になると思うので取り上げます。

 

よくあるのが「本田の名言bot」とかですが
この「本田の悩み相談」は
「本田を題材にしたネタアカウント」です。

 

「大学生の疑問に本田が答える」みたいな趣旨のアカウントです。

 

この切り口が面白いと受けてフォロワーが伸びたわけですね。

 

Twitterで伸びるアカウントというのは以下のような要素があります。

①面白い
②目新しい
③具体性がある

 

①というのは文字通り面白い事。

Twitterのユーザーは暇つぶしで使っている傾向が高く
「面白いな~」と思う情報を探している傾向が強いです。

ですので面白いものはウケ易いのです。

 

そして②の目新しさというのは今まであまり見たことがない事。

要は新規性であったり独自性ですね。

これは結構ハードルが高いのも事実ですが
クリアすると爆発的に伸びる事もあります。

 

最後に③の具体性というのはそのアカウントがより具体的である事です。

例えば、名言BOTよりも「芸人の名言BOT」のほうが具体的です。

だから「芸人の名言BOT」のほうがより伸びやすい傾向にあります。

ただ「芸人の名言BOT」よりも「松本人志の名言BOT」のほうがさらに具体的です。

だから「松本人志の名言BOT」のほうがさらに伸びやすいのです。

このようにアカウントがより具体的になる事によって
フォロワーも増えやすくなります。

 

今回紹介した「本田の悩み相談」アカウントについてこの辺を見ていくと

① 読むと確かに面白いです

② 「本田の名言」ではなく独自の切り口で企画をしているので目新しさもあります

③ 「本田が悩みに答えて返しをする」という具体的なコンセプトがある

 

こういう条件があるので伸びたわけです。

 

これらの中で最も「伸び」に影響があるのは
「②の新規性」で「他にないアカウント」であれば伸びやすいという事です。

 

こちらについてはかなりハードルが高いのも事実で
実は「勝手に伸びるアカウントを作る」というのは
結構難易度が高くムズイのです。

 

で、この「本田の悩み相談」のアカウントも古いので
現在ではパクられまくっています。

tw3

 

Twitterはこの辺の規制もかなり緩いので
伸びるものはパクられるという事ですw

 

という事で

「Twitterのアカウントを作る = 企画」

という構図をお分かり頂けたかと思います。

 

「良い企画を立てる」

= 「そのアカウントは伸びやすい」

という事なのでその点は参考にしてみてください。

 

参考:良い企画を立てるために大事な思考とは?

 

実際のところ、

①面白い
②目新しい
③具体性がある

これ全部を満たすのはきついです。

 

ですので、まずは最も簡単にできる
③だけでも意識すると良いと思います。

 

ちなみに、最近の傾向だとアンテナとかまとめサイト系で
Twitter運営をしてそこからアクセスを流している人も多いと思います。

 

そういう場合は基本的に
「サイト名」でアカウント(ユーザー名)を作って
サイトの更新情報をつぶやいていくだけでも相応に伸びていきます。

 

何故かというと、

「アンテナサイトやまとめサイト自体が
ある意味企画になっているから」

です。

 

まぁ単純な「2chまとめ」とかよりも
もっと「③具体性がある」ほうが伸びやすいのは確かで
まとめの企画が面白ければ伸びやすいですね。

 

以下のように「2chまとめ」とかで検索するとたくさん
「サイトの更新情報を自動でつぶやくアカウント」が見つかるので
この辺を参考にすれば何をすればいいか分かるはずです。

tw4

 

ちなみに「企画力が大事」なのはYoutubeも同じです。

 

Youtubeの場合は

「チャンネル名 = 企画」

というイメージで、例えば以下のチャンネルは

「ヤンキー動画」

という企画でチャンネルを構築しているわけです。

 

■ヤンキーチャンネル

tw5

 

このように、「企画」を打ち出して
チャンネルを構築すると一定のファンも付きやすいわけですね。

 

まぁYoutubeの場合はチャンネル無関係に動画だけでも
伸びるケースも多いのでTwitterほどは
「企画によって左右される」感はありません。

 

ただ、チャンネル自体の企画が尖っていると
面白いし相応にファンも付きやすいという+@のイメージです。

 

一方でTwitterはわりと企画自体の当たり外れで
アカウント自体のフォロワーの伸びも左右される感が強いです。

 

「当たるかどうかは運次第」

なところもあるので数打つのが一番大事です。

 

Twitterはどちらにせよそれ単体で稼ぐよりは
あくまでも誘導元がメインで捉えるほうが良いと思います。

 

「Twitterは初心者のスタートに適している」

という意見もありますが僕個人的には
どちらかというとYoutubeのほうが単体で見ると
稼ぎやすいと思いますね。

 

という事で色々書きましたが
参考になれば幸いです。

 

では、難波でした^^

 

PS

Twitterツール×動画まとめ企画

→ Twitterツール付の動画まとめ企画講座

Youtube×国内企画で稼ぐ場合はこちら

→ 企画型Youtubeノウハウ+企画展開特典

 

Youtube×海外企画で稼ぐ場合はこちら

→ 海外市場Youtubeノウハウ+多言語特典

 

 

PPS.

初心者にお勧めのノウハウ一覧はこちらです

難波がお勧めする情報商材早見一覧表

 

お気軽に何でもご相談下さい^^

難波へのお問い合わせはこちら

 

150ページ以上のマニュアルPDFをプレゼント中

↓↓

tokutensita