無知であるほうがネットビジネスで稼げる理由について

難波です^^

 

今回は

「無知であるほうが稼げる」

というテーマについて書いてみます。

 

ネットビジネスの世界では知識の習得が
そのまま報酬に繋がってきます。

 

一般のサラリーマンの専門知識くらいあれば
その何倍ものお金はほぼ間違いなく稼げます。

 

その際の心持として、

「自分はまだまだ無知である」

という考え方をすることがとても大事になります。

 

自分が無知と認めることは要するに

「向上する余地がある」

ことを認めることでそれが知識の追求に繋がり
知識を追求すれば当然稼ぎは大きくなるのです。

 

逆に、「自分はもう学ぶことは何もない」とか
「人生についてもう大体何でも知っている」と
思ってしまうと向上する余地がなくなります。

 

言ってみれば、傲慢なのか謙虚なのかの違いです。

 

いつまでも無知だと自覚している謙虚な人は
やっぱりそれだけ伸びるという事です。

 

このことがとてもよく分かる例がこの前紹介した
サピエンス全史という本にも書いていたので紹介したいと思います。

 

世界地図の変遷と「無知」の発見

こちらは近代以前の世界地図です。

tizu1

引用:https://ameblo.jp/omatsu1618/entry-12265772778.html

 

一方でこちらはそれよりも後の時代の世界地図です。

tizu2

https://ameblo.jp/omatsu1618/entry-12265772778.html

 

これら見比べて分かるように後の時代の
世界地図のほうが空白があって

「不完全な世界地図」

になっているのです。

 

後の時代のほうが色々発見されるはずなので
普通に考えるとちゃんとした世界地図になるはずです。

 

それなのに、なぜ、

「後の時代の世界地図のほうが不完全」

なのでしょうか?

 

実はこの時に人類が

「無知という考え方を発見したから」

だとされているのです。

 

無知を発見する前というのは神の時代であり

「神はなんでも知っている。

神がこういう風に言っているから
世界はこういう形をしているのだ」

という考え方で地図が描かれているのです。

 

この時代は「全て神が知っている」のが前提であり
誰も見たことがなくても世界地図も形が決まっていたのです。

 

そして、この時代は「最初から答えがある時代」なので
人類というのはそこまで発展しませんでした。

 

「無知という概念がない時代」だったわけです。

 

このような世界では

「知らないことを発見しよう」

というような向上心を中々持つことは出来ません。

 

「神が全部答えを出してくれる。
だから私は学ばなくてもいいし知る必要もない」

これが神の時代の考え方です。

 

だから、誰一人として見たこともない世界地図にも

「最初から神が作った答えが存在していた」

のです。

 

人類は過去何千年もの間こういう考え方をしていたので
全然成長することはありませんでした。

 

しかし、大航海時代が到来して

「それまでの常識が崩される」

ということを人類は経験します。

 

大航海時代になって実際に新大陸に足を運ぶと
「神が言っていた大陸の形とは全然違う」ことが
判明したからです。

 

この時になって人類は

「自分たちはもしかしたら無知なのかもしれない。

探求すれば知らなかったことを
知ることができるかもしれない」

というような考えを持つにいたります。

 

世界地図は修正されて

「まだ知らない世界は空白に置き換えられた」

のです。

 

この考えから何が生まれたかというと科学です。

 

科学というのは

「今の自分が無知なのが大前提であり
知らないことを追求することで発見が生まれる」

というような分野です。

 

無知であることを悟った瞬間に人類は向上心が生まれて
科学革命が起こり様々な分野で急激に成長したのです。

 

この時から人類の間では

「過去よりも未来は良くなる」

という考え方が主流になったために

「これから盛り上がる事業に
よりよい未来が生まれて出資額以上稼げる」

という投資という概念も生まれたのです。

 

分かりやすい例としては、大航海時代に

「このお金を貸すからアメリカ大陸に
航海する費用にしてください」

と投資をして、もしアメリカへの渡航が成功すれば
金銀財宝をもって帰国して

「投資額以上の見返りが得られる」

わけです。

(当然失敗したら投資額は戻ってきませんが
将来への期待値が投資という概念を生み出したわけです)

 

このような中でレバレッジという概念も生まれて

「他人のお金を借りて未来に投資する」

という事もできるようになりました。

 

だから、この500年で過去の数千年の何倍もの
スピードで人類は発展していったのです。

 

この2つの世界の最大の違いは

「責任の所在」

です。

 

神の時代は全ての責任が神にあるので
自分たちは無力でありパワーがない存在であり
だから向上することがないという考え方です。

 

だからとりあえず神に祈って「神頼み」なのです。

 

一方で科学の時代になると違います。

 

自分たちは無知なのでいくらでも自分たち次第で
発見することができるし向上の余地があるのです。

 

その時、責任の所在は神ではなく自分自身にあり、
だからこそパワーの中心は自分自身にある。

 

最も違うのは

「自分の手に負えない“誰か”に支配される世界」

から

「自分でコントロールできる世界」

に変わったということです。

 

「神がこういう世界だといっているんだから
世界の形はこうだ」

という思考停止を捨てて

「まだ世界の形は自分の目で確かめていないから
自分で探検しよう」

という考え方に変わったのです。

 

それにより爆発的に人類が繫栄したわけですね。

 

これは人類の歴史ではありますが、
実は今の時代にもこれらの2つの価値観自体は残っています。

 

「神のみぞ知る絶対的な情報を知れば
自分は完全体になれるのかもしれない」

というような考え方をしている人は

「中世的なマインドを持っている人」

だと言えます。

 

この人は「何事にも答えがあるもの」だと思っていて
ただ「答えを手に入れられないから変わらない」というような
考え方を持っていたりします。

 

だから「これさえ手に入れば」という答えを求めるけど
永遠に答えは見つかりません。

 

人類全体が「無知を発見してようやく発展した」ように
「完全なものを求めている限り」は中々発展しないのです。

 

一方で、

「自分はいつまでたっても無知であり
無知を解消していくことで向上して発展していける」

という考え方を持っている人もいます。

 

こちらの考え方はまさに人類が科学革命を起こした考え方であり

「近代的なマインドを持っている人」

だと言えます。

 

こちらの考え方を採用すればきついです。

 

何故なら「無知が前提」なのでいつまでたっても
自分は不完全なままだからです。

 

何かを完全に知ることは永遠にありません。

 

もし、「ワードプレスを構築する方法」を学んだとしても
その学びに合わせて新しい不明点が増えるのです。

 

「ワードプレスの構築は分かったけど
次はプラグインの使い方が分からない」

という風に。

 

だから、自分が100新しい事を見つけたとしても
新しい1000の無知が生まれるのです。

 

その増え続けていく無知をいくら潰せるか?が肝です。

 

人類が今現在も「無知の事への研究」をしているように
自分自身の人生も無知だと認めてそれを消し続ける努力をしています。

 

ただ、そのおかげで知識を手にして人生を
有利に働かせることができるのです。

 

このように、現在でも2つの考え方自体は残っています。

 

言うまでもなくネットビジネスの世界にも
この2つの考え方は存在していて
どちらを採用するかで収入は根本的に変わってきます。

 

前者のような人は情報弱者と言われます。

 

「まるでスイッチを押せば札束が出てくる」

という「神の道具」を探しておりそういうものと
出会えるかどうかが大事になるのです。

 

この時、パワーの中心は自分にありません。

 

上手くいかなかった = 「自分の無知が原因」

にはならないのです。

 

何故なら無知という概念自体がないからです。

 

だから、こういうタイプの人は上手くいかないときに
「他人のせいにする傾向」にあります。

 

「稼げないのはノウハウを提供した人のせいだ」

とかそういう考え方なのです。

 

そのため、向上することはありません。

 

言ってみれば中世の価値観のままなのです。

 

一方で無知という概念がある人というのは

「自分の無知を埋めるための情報」

を探しています。

 

無知を埋めることにより知識を得て
それがお金に変わることを知っているからです。

 

「自分の無知が原因」で稼げないので
パワーの中心は自分にあるのです。

 

だからこそ上手くいかないときにも
他人のせいにすることなく自己責任で行動を起こせるのです。

 

そのために常にパワーの中心が自分にあるので
人生で向上していくことが可能です。

 

どちらを採用すれば稼げるのか?

もはや明らかですよね。

 

もちろん、僕自身も自分の事を今でも
無知だと思っているからこそたくさん読書をしたり
ノウハウとか色々学んでいるわけですね。

 

パワーの中心を自分に呼び戻して
学び続けることが人生の向上には必須です。

 

という事で、

「いつまでも無知であること」

こそが向上には大事ですので
新しいことを学び続けて欲しいな~と思います。

 

参考になれば幸いです。

 

では、難波でした^^

 

PS.

初心者にお勧めのノウハウ一覧はこちらです

難波がお勧めする情報商材早見一覧表

 

お気軽に何でもご相談下さい^^

難波へのお問い合わせはこちら

 

150ページ以上のマニュアルPDFをプレゼント中

↓↓

tokutensita

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人自己紹介

難波のメルマガ登録はこちら

9

現在、ネットだけで生計を立てています。

難波の詳細なプロフィールはこちらの記事も是非読んでみてください。
↓↓
難波の脱社畜ストーリーはこちら

ネットビジネスで悩んでいる人の相談を受け付けています。

記事内容やその他気になる点について気軽にご相談してください。

難波への相談はこちら

ネットビジネス読み物

syosin.jpg



knowhoucolletcer.png

nanjikan.jpg

netkankyo1.png

watasiniadekinai2.jpg

sakusyu.jpg

kanekakezu.jpg

sippai.jpg

mlmaff.png

kaodasi.jpg

erumesu.jpg

このページの先頭へ