ネットビジネス雑感~不安が生まれる原因と所有と自然崇拝

難波です^^

 

今日は新幹線で神戸に移動しています。

 

昨日は別府から由布院に移動して連続で温泉でしたが
個人的にとても好きな雰囲気の場所でした。

 

こんな感じで温泉の目の前に由布岳という山があります。

(神様の山だそうです)

yufudake

 

九州の内陸の山奥にあるにも関わらず
外国人ばかりで、温泉に浸かると右には韓国人、
左には欧米系の人がいました。

 

宿の人に話を聞くと、ゲリラ豪雨の影響が残っていて
日本人の客足は鈍くその分完全に外国人に
取って代わられているそうなんです。

 

由布院は今では観光客の
8割くらいが外国人だそうで中には場所に左右されず
仕事をしながら長期滞在するノマド的な人もいるそうです。

 

お金をたくさん落とすのも外国人だそうで
由布院の景気を回しているのは彼らなんですね。

 

「こんな山奥にまで外国人が来るなんて」

とほんの少し前まで鎖国していた日本人だからこそ
感じるのかもしれませんが、実際にはそれも思い込みなのかもしれません。

 

というのが、鎖国などで閉鎖的になるよりもさらに昔、
数千年以上も昔の時代はまさに今の外国人のように
海外から日本に人がやってきて文化を伝えていたからです。

 

例えば、「古事記」や「日本書記」に登場する
イザナミとイザナギという日本を代表する神様の語源は
ヘブライ語の「イザナ」からきていると言われています。

 

イザナミは「渡ってきた女」という意味であり
イザナギは「渡ってきた男」という意味なんですね。

 

つまり、イザナミとイザナギという日本を代表する神様というのは
渡来してきた「外国の方」という見方もできるのです。

 

つまり、温泉で横にいた「大陸の人たちの先祖」が
数千年前にやってきてイザナミやイザナギという神々を伝えたのです。

 

日本の神様というのは、基本的には農業が前提にあって

「自然災害が起きずに
きちんと作物が育ちますように」

という自然を神様とする自然崇拝となっています。

 

由布院温泉と言えば由布岳が有名ですが
この由布岳も自然崇拝の対象であり

「宇奈岐日女(ウナグヒメ)」

という神様がその化身だとされます。

 

先日のゲリラ豪雨や地震などが起きると
農業には大打撃を受けてご飯が食べれなくなります。

(特に近代以前は致命的だったはずです)

 

そういう

「人間の手に負えない事」

が起きないように大昔の人たちは
由布岳、つまり宇奈岐日女に豊作を祈っていたのです。

 

そんな「神様の象徴」みたいな山に向けて
なんと、温泉で隣にいた外国人が

「山に向けてまるで日本人のように手を合わせていた」

わけで何とも感慨深いものでした。

 

恐らく、何も考えていないのでしょうがw

 

現代に生きているとそんな「過去」は
綺麗さっぱり忘れて「外国人増えたな~」としか
感じないものですが、もしかしたら1000年以上昔に
再び時代が戻ろうとしているのかもな・・・と思いますね。

 

イザナミとイザナギが数千年前に日本にやってきたかのように
今、外国の人がこんな山奥に“何かを伝える使者”として
到来しているのかもしれません。

 

僕が感じるのは「再び定住せずに移動する時代」が
やってくるのではないか?という事です。

 

今の僕たちがビジネスをやるきっかけというのは

「不安や恐怖からの脱却」

というのが非常に大きいと思いますが昔の人が

「神様に何かを祈る」

というのも不作などの「不安や恐怖」がベースにあります。

 

そして、現代人も大昔の人も共通して
不安とか恐怖を感じる原因になっているのが

「所有という概念があるから」

だったりします。

 

お金がなくなるのが怖いのはお金を所有しているからです。

家がなくなるのが怖いのは家を所有して定住いるからです。

或いは恋人がいなくなるのを怖いと思う人は
恋人を所有物だと考えているからだったりします。

 

所有という考え方が不安や恐怖を生むわけですが、
実はこれは農業とか定住と深く関係しています。

 

そして、このような「所有文化」は実は
農耕文化と共に海外からやってきたものだったりします。

 

農耕文化が起こる前は狩猟文化であり

「今日取った獲物で今日腹を満たす」

時代でした。

 

だから獲物を探すために移動を繰り返す時代であり
同時に所有という概念も薄かったのです。

 

お金という考え方もなければ定住する家もなかった時代であり
その時代にこそ人は移動をしていたのです。

 

その日暮らしだと「明日の事は明日考える」ので
そんなに不安になる事はありません。

 

お金の心配や出世の心配も薄かったのです。

 

その代わりに、大昔の人たちは「狩りの力」が
大事なので、一人一人の平均的な脳の大きさは
現代人よりも大きかったそうです。

 

つまり、それぞれが「狩るための知識やスキル」を
持っていたそうなんですね。(今の僕たちはそんなものありません)

 

ただ、その後に農耕文化が到来すると
農作物は保存できるので定住する場所を見つけて
農作物を所有するという概念が生まれます。

 

その所有している量が財産であり
この財産が多い人が資産家になったわけです。

 

財産が生まれたら「失う不安や恐怖」が生まれます。

 

だから、神様を作って恐怖を和らげるために祈ったのです。

 

これが実際には今にまで続く漠然とした
不安や恐怖の原因だったりします。

 

もちろん、現代の人はこんな事は忘れていますが、
今日まで「不安だけ」は色濃く継承されてきました。

 

大昔の「農作物の蓄えがなくなったらどうしよう」というのは
今の時代はそのまま「お金がなくなったらどうしよう」という
不安に置き換えられているのです。

 

しかし、そんな中で今、この所有という概念が
だんだん薄れてきているのかもしれません。

 

時代が

狩猟(移動) → 農耕(定住) → 狩猟(移動)

に移り変わってきているという事であり、
その象徴が由布院に来ている外国人なのです。

 

この中でネットビジネスをやっている人(検討している人)にも実は
二つのパターンがあります。

 

「狩猟民族的なスタンスでビジネスをしている人」

もいれば

「農耕民族的なスタンスでビジネスをしている人」

もいるんですね。

 

前者は、「その日暮らしをするためにネットで稼ぐ力を身に着ける」という
考え方がより近く、本質的にはフロー所得を求めています。

 

後者は「ネットで稼げるうちに稼いで今後の人生を勝ちで終えるように
なるべく資産を貯めておこう」という考え方が近く、本質的に
不労所得を求めています。

 

フロー所得は「所有ではなくその場その場の手に入れる力」が大事であり
数千年前の狩りをする生き方であると共に21世紀的でもあります。

 

一方で不労所得というのは「いかに所有するか」が大事な
20世紀的な価値観です。

 

「その場その場で何度でも稼ぎだせる力」が欲しいのか
「将来の不安を乗り越えるために貯えたいのか」という違いです。

 

ネットビジネスの世界で長く稼ぐには
圧倒的に前者のスタンスを持つ事が大事です。

 

「貯金とか貯める事を考える」のではなくて
「どうやって増やすのかを考える」のが重要です。

 

つまり、狩猟民族的な考え方が大事になってくるんですね。

 

そのためには「所有に執着しない事」が大事で
その代わりに「自らのスキルに投資する」事が大事になります。

 

モノとかお金を所有するのではなくて
どちらかというと「知恵や経験」を所有するというイメージです。

 

そうすることで、不安を消すことが出来るのです。

 

僕自身もここのところ、太古の狩猟時代の人のように「移動」しつつ
ビジネスをしていますが、移動すると明らかに頭が冴えるのは
偶然ではないのかもしれないな、と思います。

 

ずっと同じ場所で同じ人と付き合い、同じ考え方を維持し
なるべく多くのお金を「蓄える」というのも悪くはないですが
結局のところそれは20世紀後半のような豊作(好景気)の時代の戦略だと思います。

 

豊作ならわざわざ狩りになんか出なくても蓄えがたんまりあるので
農耕文化的なスタンスのほうがたくさんのご飯にありつけます。

 

バブル時代は「良い会社に出世して良い家を買う」という
農耕文化の極みの考え方は正しかったのです。

 

しかし、不作(不景気)の今こそ、1000年以上前の神々や、
今日本を訪れている外国人のように
移動する事が大事なのかもしれません。

 

特にネットビジネスのような「頭を使って稼ぐ」仕事は
移動すると頭が冴えて結果的には収入などにも
プラスになるんだと思いますね。

 

という事で新幹線で暇なので
久しぶりに旅行雑感を書いてみました。

 

前の雑感記事はこちら。

→ 旅行雑感~西洋的な酒と東洋的な酒のクロスオーバー

 

徒然なる日記のような記事ですが何か参考になれば嬉しいです。

 

では、難波でした^^

 

PS.

初心者にお勧めのノウハウ一覧はこちらです

難波がお勧めする情報商材早見一覧表

 

お気軽に何でもご相談下さい^^

難波へのお問い合わせはこちら

 

150ページ以上のマニュアルPDFをプレゼント中

↓↓

tokutensita

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人自己紹介

難波のメルマガ登録はこちら

9

現在、ネットだけで生計を立てています。

難波の詳細なプロフィールはこちらの記事も是非読んでみてください。
↓↓
難波の脱社畜ストーリーはこちら

ネットビジネスで悩んでいる人の相談を受け付けています。

記事内容やその他気になる点について気軽にご相談してください。

難波への相談はこちら

ネットビジネス読み物

syosin.jpg



knowhoucolletcer.png

nanjikan.jpg

netkankyo1.png

watasiniadekinai2.jpg

sakusyu.jpg

kanekakezu.jpg

sippai.jpg

mlmaff.png

kaodasi.jpg

erumesu.jpg

このページの先頭へ