難波です^^

 

「ノウハウコレクター」という言葉は
よく悪い意味で使われます。

 

ノウハウばかり買って、ろくに結果が出ていない人を
揶揄する意味が一般的ですね^^

 

「稼げないノウハウコレクター」については
こちらの記事も参考にしてみてください。

 

参考:ノウハウコレクターを脱却して稼ぐ方法

 

ただ、「結果を出す」という意味では
ノウハウを手にするのも重要なのは事実です。

 

実際、僕も大量にノウハウを買っていますし、

「ノウハウを集めている」

という意味ではノウハウコレクターなんですね^^

 

つまり、ノウハウコレクターと一言で言っても

「稼げないノウハウコレクター」

もいれば

「稼げるノウハウコレクター」

もいるという事。

 

この点について今日は書きたいと思います。

 

ノウハウコレクターで「稼げない」「稼げる」を分ける思考とは?

a1

同じノウハウコレクターでも、

「稼げない人」と「稼げる人」

分かれるのは、目的意識の違いです。

 

稼げないパターンは

「簡単に稼げそうな情報」を探してフラフラしていて
あれこれノウハウに手を出すタイプです。

 

でも、当然、「簡単に誰でも稼げる」次元のものなんて
世の中にないわけで、期待通りのものはないわけです。

 

で、「簡単に稼げない」ということが分かると
次のノウハウを探す、という行動に出る。

 

これが、稼げないノウハウコレクターの典型的な
行動パターンになっています。

 

手元にたくさんのノウハウがあるけど、

「何も身になっていない」

という状態が起きるわけです。

 

一方で、稼げるパターンは何かしらのノウハウを
手に知れてそれなりに実践して知識を吸収して、
更にステップアップしたり、キャッシュポイントを増やすために
別のノウハウに移行する、というイメージです^^

 

これら2つのパターンは

「色々な情報商材を購入する」

という意味では全く同じです。

 

ただ、「どういう目的で商材を手にするのか?」という点で
全く意識が違うわけですね。

 

前者の場合は

「ノウハウを手に入れて成功させて貰おう」

という意識が近いです。

 

要は、良いノウハウがあれば自動的に成功できるとか
そういう次元で考えているわけです。

 

でも、「自動的に成功できるノウハウ」なんて
この世の中に存在しないわけです。

 

なので、いつまでも目当てのものが見つからない
終わりがない旅をしているということなんですねw

 

一方で後者の場合は

「自分に足りない知識を補うためにノウハウを手に入れよう」

とか

「より効率的に稼ぐ為にノウハウを手に入れよう」

という意識なわけです。

 

要は、基準が「自分の知識やスキル」にあって
それを補うためにノウハウを買っているということですね。

 

これが同じノウハウコレクターでも
「稼げない人」と「稼げる人」に分かれる
意識の差になっているわけですね。

 

ノウハウの購入 = 仕入れと一緒である

056

ここで、もし、「稼げないノウハウコレクター」だったとしても
意識を変えると「稼げる」ようになることは多々あります。

 

ここで大事な概念として、

「ノウハウは仕入れである」

という考え方を身に着ける事です。

 

僕がノウハウを手に入れるのにも、
単純に「稼ぐ」という以外にも複数の目的があります。

 

例えば、Youtubeアドセンスの商材を一つ
買うにしろ、僕の場合は以下のような目的を持ちます。

 

1.その商材自体で自分の足りないYoutubeの知識を補うという目的

→ 自分が稼ぐ上で不足しているYoutubeアドセンスの知識を「仕入れる」という事

 

2.その商材を付け加えることで、キャッシュポイントを増やすという目的

→ ブログ以外にYoutubeの収入源を増やすための情報を「仕入れる」という事

 

3.その商材自体が自分の商材や情報発信のネタにするという目的

→ ブログやメルマガなどの情報発信で使えるYoutubeの情報を「仕入れる」という事

 

4.その商材の内容をレビューする事で情報発信をするという目的

→ その情報商材を使って商材アフィリエイトを行うためのネタを「仕入れる」という事

 

このように、必ずしも「その商材自体で稼ぐ」だけの
目的で購入していない、という事です。

 

仮に購入した商材自体で「稼ぐことがきつい」と分かっても、
レビューする用のネタになるわけですし、内容自体が
自分の情報発信のネタにもなるわけです。

 

そう考えると、たとえ数万円出費したとしても
「安い」と判断することが出来るわけです。

 

あと、何よりも情報商材は全額経費になります。

 

よって、本当の意味で「仕入れ」なわけですよw

 

このように見ると、ノウハウは「稼ぐ」というだけの価値じゃなく、
自分のビジネスに展開するための仕入れだと言えるんですね^^

 

この考え方を持っているとノウハウを複数買うことで
それが結び付くことが多々あります。

 

例えば、Youtubeで一番初心者向けの商材に
Youtubeアドセンス攻略情報共有プログラムがあります。

 

こちらの商材で月に5万円を稼ぐことに成功したとします。

 

で、ここにギガチューブというノウハウを付け足すことをすれば
アドセンスだけではなく今までのYoutube資産を使って
そのままアフィリエイトでも稼げるわけです。

 

要はキャッシュポイントが増える、という事。

 

それにより、月に5万円のアドセンス報酬に加えて
アフィリエイト報酬が月に10万円とか20万円入る可能性が生まれます。

 

(実際に、僕にもアドセンスでほとんど稼げなかった人が
ギガチューブ導入してすぐに3万円稼げた、という報告を頂いています^^)

 

このケースは先の仕入れで言う、「1.の知識を補う目的」に加えて
「2.のキャッシュポイントを増やすという目的」を満たしています。

 

更に、「自分がYoutubeで月に20万円稼いだ方法」みたいな打ち出し方で
情報発信側に回れば、商材の内容の一部をそのネタにすることだって
出来るわけですし、購入した商材をアフィリエイトしても説得力がありますよね。

 

このように、「商材を仕入れる」という視点を持っていると
一つ商材を買うだけで幅広く応用が利く、という事です。

 

すると、たとえ、2つの情報商材を手に入れたとしても、
1+1 = 2じゃなく、1+1 = 3にも4にもなるわけですね。

 

要は、ノウハウを複数買うというのは、
点と点を繋いで線にしていく活動でもある、

という事です。

 

色々なノウハウが結び付くことによって
自分のビジネス展開していく上で
ドンドン有利になっていくんですね。

 

リアルの世界でも、「英語」だけ学んでも
そんなに高額求人がないかもしれませんが、

 

「IT + 英語」とか「金融 + 英語」とかだと
急に高額求人が増えるとかと同じイメージです。

 

組み合わせによって威力が倍増する、という事。

 

ということで、「ノウハウ = 仕入れ」という意識は
是非持っておいてくださいね^^

 

相乗効果が期待できる組み合わせですが

 

鉄板なのは

エビルユーチューバー+ギガチューブ

 

あとは、

Youtubeアドセンス攻略情報共有プログラム + Facebook収入プロジェクト

なども面白いと思います^^

 

では、難波でした^^

 

PS.

もし、何かお悩みがある場合も
気軽にご相談下さい。

難波へのお問い合わせはこちら

 

ネットビジネスで稼ぐための方法とノウハウを
無料メルマガにて配信しています。

150ページ以上のマニュアルPDFをプレゼント中

↓↓

tokutensita