どんな集客にも大事なロングテール戦略~チリも積もれば山となる理論

難波です^^

 

以前に集客の原理原則について記事にしましたが、
今回もあらゆる集客に通用する考え方である、

「チリも積もれば山となる」

という考え方について書いておきたいと思います^^

 

この考え方はマーケティング的には

ロングテール戦略

とも言われるもので、
Youtubeで動画を作る場合もトレンドアフィリエイトをやる場合も
この考え方を適用すると長期安定で稼ぐ事が可能です

 

あらゆる集客に使えるロングテール戦略とは

 

ロングテール戦略を説明するに当たって、
まずは以下の図をご覧ください。

 

longtail3

 

お店などでの売上をイメージした図になります。

 

こちらの図の意味ですが、
縦軸が売上、横軸が商品の種類を示します。

 

より売れている商品を図の左から右へ並べると
上記のような図になるわけですね。

 

左側の緑の部分が人気があるベストセラー商品、
右側の黄色の部分があまり人気がない
マイナー商品となるわけです。

 

どんなお店でも売れ行きを図にすると
上記のような図になるかと思います。

 

この時に、リアルの世界では
売上の8割を人気商品が占めます。

 

本屋などをイメージすれば分かると思いますが

「週刊誌」

とか

「ベストセラー小説」

など、ごく一部の売れ筋商品が
その本屋の売上の大部分になるわけです。

 

これは、図にすると以下のようになります。

 

longtail4

 

このように、

「上位20%の商品が売上の80%を占める」

と言うのは一般によく知られていることで

「2:8の法則」

とも言われます。

 

一方でインターネットの世界の場合は、
この法則が当てはまらないケースが多々あります。

 

例えば、ネット書店でもあるAmazonの場合。
もちろん、週刊誌やベストセラー小説なども
売れるんですが、それ以外にも膨大な数の
本が取り扱われているわけです。

 

ネットの場合、実店舗の本屋と違って

「本を置くスペースや在庫」

などの問題がありません。

 

よって、無制限にたくさんの種類の
本を取り扱うことが出来るわけです。

 

すると、たとえ1冊しか売れないとしても、
取り扱っている本の種類自体が膨大にあります。

 

すると、マイナー商品の部分がむしろ
売上の大部分を占めることになるわけです。

 

これを図にすると以下のようになります。

 

longtail5

 

このような考え方で、売上を伸ばしていくのが
ロングテール戦略となります。

 

この図で言う横軸は実際には無限に右へ
伸びていくことになります。

 

Amazonなどをイメージしたら分かりますが
取り扱われている本の種類はほぼ無限にあるわけです。

 

1冊しか売れないようなマイナーな本も
大量に扱っているわけです。

 

しかし、そういう1日につき1冊しか売れない本も
実際には何万、何十万種類とあるわけです。

 

すると、この図を遠くから見た時に

「長い尻尾」

のように見えるわけですね。

 

longtail6

 

長い尻尾を英語にするとロングテールになります。

 

つまり、ロングテール戦略というのは

「長い尻尾を作る戦略」

だという事になります。

 

このロングテール戦略は
ネットビジネスにも非常に相性がいい考え方になります。

 

ネット集客とロングテール戦略

 

このロングテール戦略をネットビジネスの
集客で考えてみましょう。

 

例えば、Youtubeの場合。

 

Youtubeなどで稼ぐには再生回数が
重要な要素になってきます。

(Youtubeアドセンスでは目安として
再生回数の1/10程度の報酬になるとされます)

 

この時に、少数の動画を当てて
ドカンと再生回数を伸ばすのか?

 

それとも、たくさんの動画をアップして

「チリも積もれば山となる」

で再生回数を伸ばすのか?

という事ですね。

 

ロングテール戦略的な考え方を適用するなら、
動画数をガンガン増やしていくのが重要になってくるわけです。

 

そうすることで、たとえ1動画あたり月間1000回しか再生されなくても
そういう動画が1000本あればトータルの再生回数は100万再生になります。

 

すると、

「チリも積もれば山となる」

で報酬を積み上げることができるわけですね。

 

また、ブログの場合でも検索需要が小さな記事でも
たくさんの記事数を増やすことでトータルで
アクセスを伸ばすことが可能になります。

 

アクセスが上がれば何にせよ売上増には繋がるわけです。

 

このように、Youtubeにしろブログにしろ
ロングテール戦略により売上をあげることが
可能になってくるわけですね。

 

ロングテール戦略のメリット・デメリット

このロングテール戦略には大きなメリットがあります。

 

それは、一部の動画や記事に依存しない分、
リスク分散効果があるわけです。

 

たとえば、Youtubeの場合。

 

特定の動画の再生回数が下がったとしても
全体として動画の再生回数を維持できます。

 

ブログの場合も同様で特定の記事のアクセス数が落ちても
全体のブログのアクセス数には影響しなくなるわけです。

 

要は

「ロングテール = 資産」

とも言えるわけなんですね。

 

また、特にブログ戦略の場合は、ニッチキーワードを狙うので
競合が弱く上位表示も比較的簡単に行える、

というメリットもあります。

 

例えば、「ダイエット」についてのブログを作る場合を
考えてみてください。

 

ビッグキーワードを狙う場合は

「ダイエット」

で上位表示を実現しようとしますが、こういうキーワードは
ほぼ企業サイトや超巨大サイトが検索上位を独占しているわけです。

 

しかし、

「玉ねぎダイエット」とか「トマトダイエット」とか
よりマイナーなキーワードを狙うと競合は当然弱くなります。

 

更に複合キーワードにして

「玉ねぎダイエット 効果」

などをキーワードにすると、更に競合は少なくなるわけです。

 

こういうニッチなキーワードでたくさん記事を書けば

「ちりも積もれば山となる」

という理屈で初心者でもブログにアクセスを呼び込めるわけですね。

 

このような手法はロングテールSEOとも呼ばれ、
ロングテール戦略を元にしたSEO対策です。

 

ロングテール戦略は

「質よりも量」

を狙う分、初心者が現実的に取り組みやすい
戦略になってくるわけです。

 

だからこそ、

「ロングテールを作ること」

を意識してコンテンツを増やしていくのは
初心者でも結果が出やすいわけですね。

 

一方でこのロングテール戦略には
もちろんデメリットもあります。

 

それは、ロングテール戦略を実現するのに

作業量が必要になってくる

という点です。

 

まぁ、当たり前なんですが、数で勝負するので
結構大変なんですねw

 

なので、ロングテールが出来る前に
諦めてしまうとかそういうケースも多々あります。

 

この辺は、どこまで

「ロングテール = 資産」

という意識でやっているか?ですね。

 

このロングテール戦略は
ブログであろうとYoutubeであろうと
幅広く何にでも適用可能な考え方です。

 

「少ない記事数で稼ぎたい」

とか

「少ない動画数で報酬を得たい」

というのは自然な考えですが、
やっぱり数を増やす方が基本安定します^^

 

なので、何をやるにせよ、

「ロングテールを作ること」

を意識して取り組んでみてください^^

 

ちなみに、ロングテール理論的な考え方を
ベースにした商材もあります。

 

以下の商材なんかはまさにそうですね

 

・Youtubeアドセンス攻略情報共有プログラム

 

・GTA(ゲーム特化型トレンドアフィリエイト)

 

・HMA(ハイブリッドメディアアフィリエイト)

 

基本、Youtube系にしろブログ系にしろ
長期安定には大事なので是非意識してみてくださいね^^

 

では、難波でした^^

 

PS.

もし、何かお悩みがある場合も
気軽にご相談下さい。

難波へのお問い合わせはこちら

 

ネットビジネスで稼ぐための方法とノウハウを
無料メルマガにて配信しています。

 

150ページ以上のマニュアルPDFをプレゼント中

↓↓

tokutensita

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人自己紹介

難波のメルマガ登録はこちら

9

現在、ネットだけで生計を立てています。

難波の詳細なプロフィールはこちらの記事も是非読んでみてください。
↓↓
難波の脱社畜ストーリーはこちら

ネットビジネスで悩んでいる人の相談を受け付けています。

記事内容やその他気になる点について気軽にご相談してください。

難波への相談はこちら

ネットビジネス読み物

syosin.jpg



knowhoucolletcer.png

nanjikan.jpg

netkankyo1.png

watasiniadekinai2.jpg

sakusyu.jpg

kanekakezu.jpg

sippai.jpg

mlmaff.png

kaodasi.jpg

erumesu.jpg

このページの先頭へ