「良いコンテンツ」って結局どんなコンテンツなの?難波的な答え

難波です^^

 

ブログなどを実践していて、

「結果を出すためには
良いコンテンツを作ることが大事」

というのはよく耳にする話です。

 

実際、ちょっとネットでブログについて調べると

「良いコンテンツを作ることが大事」

「質が高い内容を心がけること」

などとブログの心得が書かれています。

 

そこで、

「よし、良いコンテンツを作るぞ!」

って思って作業を進めるわけですが、

 

いざ実行に移す際に

「良いコンテンツを作ることは分かったけど、
良いコンテンツを作るためには結局何をやれば良いんだ?」

と途方に暮れる経験をしたことはありませんか?

 

そもそも、

「良いコンテンツって何?w」

っていう。

 

実際、僕自身は初心者時代に
ここで苦労した経験があります。

 

そこで、今回はそんなブログ初心者が迷いがちな

「良いコンテンツとは何なのか?」

について書いていきたいと思います。

 

内容が丁寧でも良いコンテンツとは限らない

167

 

僕自身も、社畜時代にネットビジネスを始めた当初は
全くブログの経験なんてありませんでした。

 

だから、その当時書いていたブログの記事の文字数も
せいぜい300~500文字程度。

 

100記事程度は書いたと思いますが、
内容も相当薄くてスカスカだったんですねw

 

まぁ、当初は本当に何となく記事を書いてるだけで
ただの作業をしていた感じです。

 

そんな中で当然結果なんて出るはずもなく
迷走していたわけです。

 

書いても書いても一向に結果がでないと
やっぱり落ち込むしやる気なくなるんですね。

 

でも、社畜をどうにかして辞めたかった。
そこでもがき苦しんだわけです。

 

そんな中で悩んでいると

「良いコンテンツを作ることが大事!」

という情報をどこかから手にしたわけです。

 

その当時はSEO対策なども今と全然違っていて
スパム的なサテライトサイトを作ったり、
記事もコピペコンテンツなども多かったんです。

 

今でこそ

「コンテンツが大事」

なんて言われますが3年くらい前までは
小細工SEOの全盛期だったわけです。

 

そんな中で

「良いコンテンツを作る」

という言葉はちょっとした光明だったんですね。

 

そして、その言葉を耳にして僕が一番最初に

「良いコンテンツを作ろう!」

と思って心がけたことは文章を長くして
説明を丁寧にすることです。

 

そうすることで、

「少なくとも雑にはならないだろう」

と感じたわけですね。

 

具体的には、自分が書こうとしているネタを
記事にする際に、いくつかのサイトを参照して、
参考になりそうな情報を合体させていく…

というような作業です。

 

まぁ、ちょっとしたパクリなんですけど、
知らないことを記事にするのがそもそも
その当時の僕からするとはむずかったわけで、
他人のパクリから入ったわけですね。

 

で、必ず他人よりも

「文章をより充実させること」

を意識して文章を組み立てたのです。

 

これで、確かに当初よりも多少は結果が出ました。

 

アクセスに関しては目に見えて伸びましたし
検索上位に明らかに出やすくなりました。

 

僕自身、商材の特典などではパクリの方法なども
お伝えしていますが、

「パクりって大事なんだな~」

というのはこの時に実際身をもって感じたんですよ。

 

でも、これだけで大きく結果が出たかというと出なかった。

 

アクセスは集まるものの肝心の
お客さんからの反応がイマイチだったわけです。

 

ここで、決定的に足りないものがあったんです。

 

文章にメッセージが宿っているか?

031

 

他人の文章を合体させてただ長いだけの文章って
果たして読んでいて役に立つでしょうか?面白いでしょうか?

 

そう、面白くないし何かチグハグなんですねw

 

まぁ、今でも僕も全ての記事が上手くいくなんてことはなく
チグハグな記事を書いてしまうことはよくあります。

 

でも、その当時は、ほぼ全てがチグハグしていました。

 

その最大の理由はズバリ、

「メッセージがなかったから」

です。

 

ブログってただ文章を並べれば良いなんてものじゃなく、
「相手がいる」からこそ、何かメッセージ性がないと
自分が書く意味なんて何もないんですね。

 

メッセージ = 何を伝えたいのか?

という事です。

 

これを意識しないと読まれるブログにはなりません。

 

しかし、その当時、僕は

「どうして反応が悪いのか?」

というのが分からなかったんです。

 

ネットビジネス初心者のうちって
パソコンに向かって文字を打つわけで
相手のことまで考えられないことが本当に多いんですね。

 

何となく、機会に向けて一人で作業をしている、

っていうイメージです。

 

だから、

「パソコンに向けて文章を打っている = 相手不在」

になりやすいわけです。

 

しかし、実際にはネットの向こう側に読者がいるわけで、
その人が共感なり何なりをするから反応が生まれて収入に繋がるわけです。

 

このように、ネットビジネスは
「相手ありき」だということに気づくことができた、

という事がやっぱり大きかったですね。

 

だから

「メッセージを伝える必要がある」

ということです。

 

という事で、僕が考える良いコンテンツというのは

「メッセージが明確なコンテンツ」

いう事になります。

 

まぁ、少しイメージすればわかりますけど

「書いている本人が何書いているか分からない
メッセージが不明の記事」

なんて、読者からすると更に読んでいても
伝わってくるものが何もないわけです。

 

これは、長いとか短いの問題ではありません。

 

もっと言うと文章が上手いとか下手とかという次元でもなくて

「伝えたいものがあるかどうか」

という事ですね。

 

ラブレターなんかでも、文章力は別に問われませんよね?

 

それよりも、想いが宿っているかどうか。

 

そんなものは無意識で読み手は分かるわけです。

 

だからこそ、

「文章にメッセージを宿す」

という事は意識してみてください。

 

そうすることで何も意識しない場合に比べて

「圧倒的に相手に共感される“良い”コンテンツ」

になりますからね^^

 

ちなみに、メッセージを宿すといっても
熱く文章を書く必要はないと僕は思います。

 

ここで気合を入れて

「普段の自分と違う温度」

で記事を書いてもその文章は
違和感だらけになると思いますw

 

熱く書けばいいってもんでもないんです。

 

実際、僕も暑苦しい文章は性に合わないので、
わりと冷静な文章だと思いますw

 

でも、冷静な中にもメッセージを宿しているわけですね。

 

赤い炎よりも青い炎のほうが温度が高いように、
冷静さの中にあるメッセージこそ暑いメッセージよりも
むしろ
人に伝わるものだと僕は考えています^^

 

という事で、是非参考にしてみてください。

 

では、難波でした^^

 

PS.

もし、何かお悩みがある場合も
気軽にご相談下さい。

難波へのお問い合わせはこちら

 

全くの初心者がまず月10万円を狙う場合は
以下のようなノウハウがお勧めです^^

 

・ブログ系のノウハウ

ビジネススタートに最適!月10万円を実現するトレンドアフィリエイトノウハウ

トレンドアフィリエイトとは?

 

・Youtube系のノウハウ

超初心者でもOK!Youtubeで月10万円稼ぐノウハウ

Youtubeで稼ぐ基礎知識について

 

・Facebook系のノウハウ

Facebookを使ってコピペでも月10万円狙えるノウハウ

Facebook、匿名で稼ぐ基礎知識について

 

ネットビジネスで稼ぐための方法とノウハウを
無料メルマガにて配信しています。

 

150ページ以上のマニュアルPDFをプレゼント中

↓↓

tokutensita

 

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人自己紹介

難波のメルマガ登録はこちら

9

現在、ネットだけで生計を立てています。

難波の詳細なプロフィールはこちらの記事も是非読んでみてください。
↓↓
難波の脱社畜ストーリーはこちら

ネットビジネスで悩んでいる人の相談を受け付けています。

記事内容やその他気になる点について気軽にご相談してください。

難波への相談はこちら

ネットビジネス読み物

syosin.jpg



knowhoucolletcer.png

nanjikan.jpg

netkankyo1.png

watasiniadekinai2.jpg

sakusyu.jpg

kanekakezu.jpg

sippai.jpg

mlmaff.png

kaodasi.jpg

erumesu.jpg

このページの先頭へ