難波です^^

 

ここのところ、飲みに出たり食べに出たりで
地味に仕事が後回しになっています。

 

sikake3

 

sikake2

 

そんな中でもネットからは売上が自動で上がるので
ありがたい話ですね^^

 

今月は既に社畜時代の月収を軽く超える
収入になっています。

 

僕がブログやメルマガでお伝えしているのは
あくまでも社畜を辞めるための方法です。

 

お小遣いを稼げれば良い、という事ではありません。

 

月に3万円とか5万円とか稼げると嬉しいですが、
それで社畜を辞める選択が出来るかというと、
決して出来ないです。

 

僕のサイトでも、Youtubeアドセンスや
トレンドアフィリエイトを最初の10万円を稼ぐ上での
選択肢としてお勧めしています。

 

参考:初心者がまず月に10万円を稼ぐためには?

 

ただ、これらで生活費以上を稼いで
脱社畜を実現するのは正直、大変なんですね。

(出来なくはないですが)

 

では、どうすべきなのか?

というと答えはもう決まっています。

 

脱社畜をするなら「仕掛けられる側」から「仕掛ける側」になる

nitaku

それは、

「仕掛ける側に回る」

という事です。

 

動かされる側と動かす側とも言い換える事も出来ますし、
情報発信する側と情報を受け取る側とも言い換えられます。

 

そして、これがそのまま
お金を支払う側と受け取る側になっているわけです。

 

ネットで大きく稼いでいる人は間違いなく
『仕掛ける側』に立っています。

 

つまり、ネットで大きく稼ぐには

『仕掛ける側になる必要がある』

という事なんです^^

 

で、これは『仕掛ける側』が
イコール詐欺だとかそういう話ではありません。

 

仕掛ける側が悪意を持つと詐欺にもなり得ますし、
逆に素晴らしい情報提供を意識すると、人から感謝される上に
自分の収入も増えていきます。

 

まぁ、ネットビジネスに限らず、
世の中自体が『仕掛ける側』と『仕掛けられる側』になっています。

 

AKB48があそこまで人気なのもミスチルが売れているのも
全部、マスコミや音楽関係者が仕掛けているからです。

 

政治の世界などでも、例えば小泉純一郎さんが
大人気だった時期もありますがああいうのも仕掛けているわけなんですね。

 

親子だって、子供がサンタの存在を信じているのは
親がそういう風に『仕掛けている』とも言えます。

 

このような世の中の構図の中で
リアルの世界でお金を稼ぐという意味で
『仕掛ける側』に回るのは困難なんですね。

 

企業の社長になったり、有名人になったり、
権威が高い仕事についたら「仕掛ける側」の
ポジションに身を置くことができます。

 

しかし、普通の一般人で、一度社会に出てしまった人が
後から「リアルの世界で仕掛ける側に回る」というのは困難です。

 

下手すると一生社会の歯車で
ほんの少しのお金を稼ぐだけに人生を消化します。

 

少なくとも、ただの社畜だった僕が
リアルの世界で人に影響を与える事なんてほぼ不可能でした。

 

5年先、10年先も変化するイメージが湧かなかったんですね。

 

しかし、ネットの世界だと話が変わります。

 

何の肩書もない平凡な一個人がネットだと
『仕掛ける側』にまわる事だって可能なんですね。

 

どうしてネットの世界で大金を稼ぐ人が生まれるのか?
その構図を何となく理解して頂けたかと思います。

 

普通の個人でも

『仕掛ける側に回る事が出来るから』

です。

 

今の自分の活動を「仕掛けるための準備期間」と捉える

001

ですので、Youtubeをやるにせよ、
トレンドブログをやるにせよその先を見据える事が大事です。

 

つまり、自分で稼いで終わりにするんじゃなくて、
「誰かを稼がせる側に回る」という事です。

 

世の中には、「稼ぎたい」という需要がとても多いです。

 

例えば、Youtubeで稼ぎたい人は
世の中にたくさんいます。

 

そんな人に対して

「Youtubeで稼ぐ方法を教える」

という選択をするほうが、自分で
Youtubeアドセンスで稼ぐより断然稼げます。

 

もし、Youtubeアドセンスで10万円稼いだ実績があるなら
その実績を元に情報発信をしていく、という事ですね。

 

これが「仕掛けられる側」から「仕掛ける側」へまわるという事です。

 

まぁ、情報発信側になると考慮する事も多くなるし
難易度は間違いなく高くなります。

 

ただ、「売れない」かというと普通に売れます。

 

また、「稼いでいないと売れない」かというと
そんな事はありません。

 

例えば、世の中には僕より稼いでいる人なんて
腐るほどいます。

 

それなのに、僕がそれなりに稼げているのには
それなりの理由があるわけです。

 

リアルの世界でも、

「何となく小難しくて人間味がない東大生」

から家庭教師を受けたいのか、それとも

「どこの大学か分からないけど凄く面白い人」

から家庭教師を受けたいのかだと
意見が分かれますよね?

 

そう、人の数だけ

「こういう人から教わりたい!」

とか

「この人のサイトから学んでみたい」

という風に需要が多岐に渡っているわけです。

 

だから、全然普通に売れるんですね。

 

また、「飽和しないのか」という声ももちろんありますが、
まだまだネットビジネスの世界なんてアンダーグラウンドです。

 

リアルの友達100人に声をかけると

「怪しい」

と言う人のほうがまだまだ多いと思います。

 

そんな狭い市場ですが、日本が不景気になればなるほど
お金に困る人が増えれば増えるほどこれからネットビジネスは
まだまだ伸びていくはずです。

 

だからこそ、

「行動は早い方が良い」

という事ですね。

 

こちらの記事でも似たような事を書いているので
是非参考にしてみて下さいね^^

 

ネットビジネス、最も過激に稼げる分野は何なのか?

 

では、難波でした^^

 

PS.

質問なども気軽にしてくださいね^^

難波へのお問い合わせはこちら

 

150ページ以上のマニュアルPDFをプレゼント中

↓↓

tokutensita